【講座紹介】パリのフラワーアレンジメント

今日はクリスマス・イヴ〜。

年末のお忙しい中、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
昼間は暖かい日もありますが、夜になるとやっぱり寒いですね!
先日、桜坂劇場を飛び出して、
お店で講座をしてくださっている「パリのフラワーアレンジメント」に
お邪魔してきました。
お店の名前は「life & flower fleur(フルール)
那覇市安謝にあるとても素敵なお花屋さんです。
店内は美しいお花とグリーンでいっぱい。
お店の名前のとおり、お花といっしょに飾ると映えそうな雑貨もあります。
クリスマスが近かったので、オーナメント類もたくさん。
うっとりです・・・!


flower
今回はクリスマスにちなんで「テーブルアレンジ用のキャンドル」を作るとのこと。
この四角い土台(オアシス)に、
・サツマ杉(濃いグリーン)
・ニオイヒバ(明るいグリーン)
・ブルーアイス(少し白くくすんだグリーン)
といったグリーンをとめていきます。

平たいヒバで土台を隠していって杉やブルーアイスで立体感を出していきます。

はさみで枝をチョキチョキ、なかなか地道な作業・・・!
360度ぐるりと、横の面がグリーンでうまりました!
ここでワイヤーを巻き付けたキャンドルを挿します。
赤とグリーンで、これだけでもクリスマス感が出てきました。

次は、1段目の土台の上や、キャンドルが立つ2段目の正面をアレンジしていきます。
土台が見えている部分を隠していきながら、より立体的に仕上げていきます。
ここで皆さん、店内のお花やオーナメントを選びに行かれました。
どんなものができるのでしょう。
途中まで同じ素材だったのが、どんどんお一人お一人のセンスが光っていく段階に・・・。

生花を選ぶ方もいれば、
木の実やドライフラワーを選ぶ方も。
でもやっぱり、白や赤をポイントに入れるのは共通していました。
基本的な手順はもちろん、どういったものを選べばいいか、どういうアレンジがあるか、どういう方法があるか、先生が丁寧に教えてくれます。

こちらでは、「リボンをつけてもかわいい」と相談されていました。
これらのお花や木の実をどんな感じにつけるか、いろいろ見定めながら、位置やイメージが決まったら挿していきます。
高さを出したいときは、細いワイヤーを使って調整します。

白いわたのようなものはシルバーブルニア、赤い実はペッパーベリーです。
このカラーリングはわくわくしますね。
正面が決まったら裏面は・・?
おうちのどこに置くかでもアレンジは変わってきます。
松ぼっくりやオーナメントを足しても楽しくなりそうです。
最後のポイントとしてリボンをして完成です!

おうちで火を灯したら、よりきれいでしょうね〜。
特別なクリスマスになりそうです。

ちなみに、これは来ていた男の子が舗道でつんできた草花でミニブーケをつくったものです。
男の子のセンスもかわいいし、きれいなブーケにできる先生も素敵・・!
42期は2月から開始です!
バレンタイン向けのアレンジや、春に向けて香りのいいお花が増えるのでそれらを使ったアレンジ、球根のお花も出てくるそうです。

(クリスマスシーズンですが、同時にお正月に向けて、いろんな菊の花もありました!)
こちらの講座の詳細はこちらからどうぞ!
http://www.sakura-zaka.com/daigaku/art.html#a44


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です