開通100周年

こんにちは!
本日は沖縄タイムス 11月28日朝刊記事をご紹介したいと思います◎
32期の新規講座〈3〉沖縄史を走っていた鉄道跡を歩く与那原線ノーカット編に深く関係しております!
なんと、新たに与那原軽便駅跡で線路が見つかったのです!

100年間土の中に眠っていた線路、腐食は進んでいるものの原型を留めていおり、
発見されたおかげで終点だった駅でいくつかの線路が使われていたという可能性も出てきて
まだまだ調べる価値があるそうです。
発見されている線路図などを調べて見てみると、長い長い線路が昔の沖縄でこの線路が
いかに重要な交通手段、運送手段だったということを感じます。
昔の人たちがどのようにこの鉄道を使い、どのような役割をしていたか
知りたくなった方は是非〈3〉沖縄史を走っていた鉄道跡を歩く与那原線ノーカット編を
受講されてみてはいかがですか?
〈3〉沖縄史を走っていた鉄道跡を歩く与那原線ノーカット編
1/24(土) 10:00〜17:30 受講料6,171円
歴史を聞きながら実際の線路跡をなるべく忠実にたどって歩きます。
お電話・お問い合せお待ちしております。
桜坂市民大学担当
HP→http://www.sakura-zaka.com/daigaku.html
問合→098-860-9555(桜坂劇場)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です