つづいていく「みち」。


こんにちは!スタッフYです。
さて、気がつけばもう8月なんですね。どうりで暑いはずです。
(つい昨日まで4月くらいでしたよね?)
そして…皆さんはご存知でしょうか…
今年がもう1/2以上終了しているという驚愕の事実を……
私は知りませんでした…。
うそでしょ……
さてさて。
気を取り直して、明るく(?)いきたいと思いますニコニコ
来る8/5(日)は皆様ご存知、桜坂市民大学祭です。
ジャズのスタンダードナンバー「Misty」や「枯葉」をサックスやフルートのムーディな演奏を楽しんだあと、
平良進さん、とみさん夫妻監修の「うちなー芝居」(演目は「きざみ節」)を見て大爆笑!!
というなんとも個性豊か!てんこもり!な「オトナの文化祭」となっております。
先日、その桜坂市民大学祭の告知の準備をする為、
倉庫をごそごそ漁っておりましたら「Strade」なる、冊子を見つけました。
(Stradeはイタリア語で「道」のいみ)
(記事最上の画像参照)
5年前に発行/販売されたこの雑誌。
特集がワークショップだったので、
5年前の桜坂市民大学はいったいどんなだったのかしらと、
読んでみました。
すると、こんな一文があり、新鮮な感動を覚えました。
「スタッフの人脈をフル活用して面識のある方々を中心にあたりました」
今でこそ、様々な方から直接「講師希望です」とご連絡を頂けたり、
現在講座をしてくださっている先生から「紹介したい人がいる」と声をかけて頂いたりしています。
この状況は自然発生的に起こった事ではなく、
ワークショップ開設当時のスタッフの努力や、
講座開設に携わって下さった講師の方々が居てくれたからなんだなぁと、
(考えればごく当たり前のことなのですが、)人が人を誘って、どんどん輪が広がって…。
改めて、これってすごいことなんじゃ!と思ったのでした。
(この場所でしか味わえないものがある)
そんな風に感じてくれる様なワークショップをもっと作っていきたい〜!!と、もだえつつ、
桜坂市民大学祭の宣伝準備に戻りたいと思います。
みなさま、お誘い合わせの上是非いらしてください:)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です