はじまりました!

4月7日。
「かわしまよう子の草と仲良くなる教室」がスタートしました!
天気にも恵まれて、とてもいいスタートです。
当日の様子を
少しご紹介させていただきます。
今日は、てんぶす那覇の調理室でのクラスでした。
殺風景な調理室。
シルバー色の冷たい印象のお部屋が、
かわしまさんが用意してくださった
道端にいる草花が部屋いっぱいにかざられ、
一瞬にして部屋の空気がかわりました。
やさしい空気につつまれ、
かわしまさんの持つ空気感が広がります。
こんなものを使って草花を飾るなんて、考えもしない発想がいっぱいです。
納豆の箱
セロハンテープ
しょうゆさしの空き容器
柔らかいものを保護する白い包装など。
いつもなら捨ててしますものばかり。
けれど、生かされています。
とってもおしゃれで、マネしたくなってしまうすてきさでした。
どのお花をみても、
こんなかわいらしいものが道端にいるのか。っと驚きます。
そして、
生徒のみなさんもそろい、スタート。
草花の名前には由来があるお話を聞き、
シロツメクサやスミレの由来を聞いていると
覚えていくのが楽しみになるスタートでした。
そして、私たちの名前の由来も話しながら自己紹介!
そのおかげか、みなさんの名前を覚え
生徒さん同士の距離もみんな近くなり、
名前で呼びあえる楽しさが生まれました。
かわしまさんの草花に対する温かい気持ちをお聞きし、
どうやって草花と向き合うのか、マナーを心得て
さっそく、外へ向かいます!
ひとつひとつ草のおはなしを聞いて歩いていきます。
「へー!へー!そうなんだー!」の連続です。

草遊びも教えていただきました。

途中くわの実を発見!
こんなところに!っというびっくりと
自然に生まれたクワの実のおいしい甘さに感動しました。

桜坂の近くを歩いたのですが、
たくさんの発見がありました。

夢中になりすぎて、ついつい足がとまります。
いかに普段から気にもとめず歩いていることに気づかされました。

ペットボトルで作った水うけのはたくさんの草花があつまりました。

教室にもどり、
生徒さんがそれぞれにもって来た
捨てられるけれど花器になるものに先ほぞ積んだ草花をいけました。
ビールの空き缶を持っていき、
悩む私にアドバイスをいただき、
コツをつかむことができました。
なんでもバランスが大切と。
飾り方のアドバイスを教えていただけます。
たまごぱっくにもかざりました。

草花に携わって12年。
様々な知識をもっていらっしゃいます。
いろんなお話をお伺いすることができ、
さらに、草花が身近になり自宅に戻ってからのこれからが楽しくなりそうで
講座中ずっとわくわくしていました。
そして、かわしまようこさんが雑草茶を用意してくださりみなさんでいただきました。
ハーブのようなやさしい香りと自然な甘みでとても美味しかったです。
残り3回の講座でもお茶の作り方もお伺いできるそうです。
雑草は様々な効用があり、
ガンを抑制させる力も!
物忘れをよくしてくれたり、美容にも効果が!
そんな今までの生活に少し+できるうれしい情報がいっぱいです。
足もとの草花が気になってしょうがありません!
残り3回
第二回目の次回5月12日
草花のスケッチと草花の力についてお伺いします。
毎回、外にでて、草花の探検にもいきます。
・6月2日は草の雑学+雑草茶
・7月7日は暮らし方のお話と雑草ごはん

時間はどれも13時~14時30まで
場所は桜坂劇場スタジオ1にて。
入会金不要
1回の受講料
¥2200
お申し込みは桜坂劇場まで。
098-860-9555
男性の方もご参加いただいております。
ぴーんときた方はお見逃しなく!
ご応募お待ちしております。
一緒に楽しい時間をすごしましょう!
参考までに、ふくら舎1階にかわしまよう子さんの書籍がございます。
ご覧頂けたらと思います。
http://www.sakura-zaka.com/daigaku/10.html#a10
疑問や質問がありましたら劇場までお問い合わせくださいませ。
ご参加お待ちしております。
スタッフ
なかやま


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です