脚本講座




毎週土曜日11時45分スタートの「脚本講座」。
映画のストーリー、登場人物、台詞。それを文字で表すという素敵な作業。
5回目の今日は、なんとゲストが登場!
「オキナワノコワイハナシ」のプロデューサー、山田さんが、コワイハナシのアイディアを求め、市民大学まで足を運んでくださいました。
写真の真ん中がプロデューサーの山田さん。
お隣が講師の中江素子さん。
そして、左端が「ヤールー」のコワイハナシを考えたオオシロさん。
いつもは、映画がメインなんですが、今期はテレビドラマという、新しい分野。
プロデューサーさんのお話も、新鮮で、映画とはまた別の戦う臭いがして、楽しかったです。
とにかく、コワイハナシは、とことん怖くなきゃ!
それから、沖縄の人は、幽霊とかは怖くても、なんとなく受け入れる感覚を持っている。
だから「エクソシスト」とかみたいな怖さとはタイプが違う。
っていうのが、私的には、「なるほど!!」と、特に納得したところです。
いやー、それにしても、楽しかったです。
山田さん、また来て下さいね。
受講生の皆様、長編映画のあらすじもお待ちしています。
両方考えるのは大変ですね。
でもがんばりましょう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です