桜坂vs栄町講座 vol.3

今日の内容は「桜坂のまち歩き」宮里千里さんならではのコースをみんなで練り歩きました。

まずはグランドオリオン通りからまち歩きスタート

「ジャンジャン」があったころは出演者は皆この居酒屋に来ていたそうです。

高良レコードさんの前の斗里符流Pの巨大サイン入りポスターです。

竜宮通りに入って

路地で1枚。この奥には猫がいます。ココロの綺麗な人には見えます。

桜坂のメインストリートで見つけた映画「血と骨」の手描き看板。これはあまり知られてないと思います。探してみてください。

こやつが桜坂道路を拡張しているロードローラーの野郎です。ちなみにディオが承太郎にぶつけた奴ではありません。
 今回、町歩きをしてみてどんどん桜坂のいいお店や飲み屋がなくなってきている事に気付く。今工事中の道路が完成してしまったらいったいこの町の雰囲気はどうなってしまうのか?そんな事を考えてしまった。とはいっても止めることもできない訳だが、この雰囲気が道路拡張によって失われてしまうのなら、その前にこの町で死ぬ程飲み歩こうと思いました。まだ桜坂の飲み屋で遊んだ事がない方はお早めに。最初は入りにくいが、どの飲み屋もアットホームで楽しいですよ。
 考えてみれば那覇いや沖縄全体でみてもでここまで遊べる町というのもなかなかない。映画館はあるし、腹が減ればカレー屋、台湾料理、ギョーザ屋、カフェなどメシが喰える場所は沢山ある。本やだってあるし雑貨屋や、洋服屋もある。ライブハウスまで。遊び終わったあとの飲み屋も死ぬ程ある。さらには飲んだ後のラーメン屋もあるし、タークシーもすぐ捕まる。こんな小さな町にこれだけのコンテンツがそろった桜坂の魅力を再確認。お役人様、できることなら開発をやめて頂きたい。そんなモンより無料の巨大立体駐車場を作るとか、路面電車を通すとか、ギネス生ビールがタダで出る蛇口の設置とか、ソーセージエッグマフィンを夜も食べれるマクドナルドとか、僕が桜坂で納めた酒税とタバコ税はそういう有意義なことに使って頂きたいのです。長くなって何書いてるかわかんなくなってきたのでこのへんで終わります。ではまた来週。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です