街に出て、知らない自分を見つけるモノづくり。

 桜坂の街を舞台にアート展をつくるワークショップ。世界の街で起こっている事例を知り、街を歩いて魅力を発見し、自分のフィルターを通して作品の制作をします。作品といっても絵や音楽に限らず毎日している料理や掃除なんかでもいい、誰でも必ず自分だけが持っている「視点」を見つけ発表することは知らない自分を知る手がかりにもなります。まち歩き、作品制作、展示、広報、交渉など展覧会をつくるまでのプロセスを総合的に体験します。※講師は毎回変わります。
■講座プロフィール【略歴など】 上村豊(琉球大学教育学部講師、美術家)、岡田有美子(前島アートセンター事務局長)、亀島良泉(沖縄県立芸術大学ガムラン講師、五泉公房代表)、国吉宏昭(国吉不動産管理代表)、阪田清子(沖縄県立芸術大学講師、美術家)、Titus Spree(琉球大学教育学部准教授、建築家)、仲本賢(沖縄県立芸術大学デザイン専攻准教授、写真家)、宮城潤(若狭公民館長、wanakioディレクター)
全10回
受講料:15,000円 対象:中学生以上


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です