『明日誰かと行きたくなる♪琉球・沖縄の名所』桜坂市民大学受講生募集中!

明日誰かと行きたくなる♪琉球・沖縄の名所

講師:山城彰子(南城市教育委員会文化課嘱託職員)
沖縄で生活することがちょっと楽しくなる知識
沖縄の歴史や文化を学ぶなら、教室だけで本を読んでいてもわからない!沖縄が教科書です 。みんなで楽しく、歩きながら歴史と文化を勉強しましょう。
開講日:6/14(水)
全4回(座学2回・見学2回)
講座日程:座学:6/14(水)・6/28(水)19:00〜20:30
     見学:6/24(土)・7/8(土)午前中を予定
受講料:1,500円×4回=6,000円
定員:10名程度
対象年齢:中学1年生以上(★初心者対象)
持参物:筆記用具
<講座カリキュラム>
第1回 6月14日(水) 19:00~20:30 【座学】沖縄の風景
第2回 6月24日(土) 10:30~12:00 【見学】南山の居城島添大里グスクと南風原集落
第3回 6月28日(水) 19:00~20:30 【座学】沖縄の工芸 (壺屋焼き・染織)
第4回 7月8日(土)  10:30~12:00 【見学】那覇市立壺屋焼き物博物館・那覇市伝統工芸館 ※入館料個人負担
◎桜坂市民大学ホームページ
http://www.sakura-zaka.com/daigaku.html
問合せ・お申し込み=桜坂劇場
098-860-9555


2 Comments

  1. お世話になります。ネットサーフィンをしていたら行き着きました。変なコメントで、すみません。

    名護市に恥うすい碑というものがあります。

    恥うすいの物語は、悲恋の物語。外国の古典、シェイクスピアのロミオとジュリエット物語の要素は、似ていると思います。海外では、ロミオとジュリエットを学校教育などいろいろな現場で触れ親しまれているようです。

    恥うすいの悲恋の物語をロミオとジュリエットの要素や現代風にアレンジして物語があれば、若い人たちや興味を持つ人もいるかもしれません。観光資源の見直しになることもありうるかもしれません。

    近年、沖縄方言の継承もままならない状況です。沖縄には、外国の古典のような歴史的な価値のある物語が沢山、眠っていると思います。
    そんな紡ぐ物語があったらよいかもしれないと思いメール致しました。変なメールで、すみません。

    何かしらの御感想があれば嬉しく思います。

    • 宮平様
      ありがとうございます。担当の山城先生にお話しさせていただきます。
      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です