マルチーズロック「ワルシャワの夜」 〜プロダクションノート

マルチーズロック「ワルシャワの夜」
〜プロダクションノート


明日10月10日、マルチーズロックのライブアルバム「ワルシャワの夜」をリリースします。今年2月にワルシャワのライブハウスで録音した音源です。
このライブは昨年のWOMEXでマルチーズロックの音源を気に入ってくれたワルシャワの女性アナさんが招いてくれました。
「ワルシャワでライブをやることに興味があるかしら?」というメールが届いたのは昨年12月。半信半疑でメールのやり取りをしたいたら、飛行機のEチケットが送られてきました。こんなこともあるんだなぁと思いつつ、ドーハ行きの飛行機に乗りました。

ワルシャワ一の新聞にでかでかと!
アナさんはポーランドで東アジアの文化を熱心に紹介している財団の責任ある人で、マルチーズロックが招聘された2月上旬のイベントは、旧正月に合わせたもの。近所の映画館では「レンタネコ」とか日本の映画が「百円の恋」が上映されて、満員のお客さんで賑わっていました。
ライブの夜。PAのオペレーターに「ラインで音録って欲しい」とお願いしたのですが、「できない」と言われ、軽い気持ちでPA席の横に立ってエアでiPhoneで録音したのです。

@楽屋。もりとが突然「新曲を演ろう」と言い出し、メンバーから却下される。
1曲目の「ダイナマイト・ピース」の演奏中に録ることを思いついたので、収録できたのは2曲目の「夢遊病者のたどる道」からです。最初に演奏したスカバンドが場を温めてくれたおかげもあって、マルチーズロックの音楽に観客はとてもダイレクトな反応を示してくれました。それは音源を聴いてもらえればよく伝わります。
何しろiPhoneレコーディングの音源なので、音質は言わずもがなです。もちろんリリースなどは考えていなかったのですが、ある夜「生活の柄」でもりとに聴かせたところ、大絶賛。実はなかなかバランスが良く、あの夜の空気感がいい形で凝縮されているのです。泡盛ロックの勢いもありリリースすることになりました。

本番中唯一の写真。iPhoneで録音していたので撮れなかった…
Tr.5の「モンキーレストラン」〜「維新伝心」のメドレーは、ライブバンドとしての実力がいかんなく発揮されていて、実に圧巻です。Tr.9アンコールの「ダウンタウンダンス」での「All You Need Is Love」(歌詞は間違ってるけど…)のスニペットも大ウケでした。
言葉も通じない街で、何一つ臆することなく自分たちの音楽を120%届けられるというのは、相当に凄いことです。やや大袈裟に言うと、この音源はその第一歩をはっきりと記した記念すべき作品だと思います。あの凍てつくワルシャワの夜、身じろぎせずにiPhoneを手にしていた甲斐がありました。

マルチーズロック
「ワルシャワの夜」

01.夢遊病者のたどる道 
02.ソノソーロ
03.レーテ河
04.ダイヤモンドにメッキはないから
05.モンキーレストラン
  〜維新伝心
06.ランデブー
07.ダウンタウンパレード
08.バタフライ
09.ダウンタウンダンス
作詞・作曲:もりと 編曲:マルチーズロック
Music from Okinawa/MfO-004/税抜1,388円(税込1,500円)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です