ハシケン 「うた」 リリース記念インタビュー(2/2)

ハシケン 「うた」
リリース記念インタビュー(2/2)

オールタイム・ベストアルバム「うた」を桜坂劇場の音楽レーベルMusic from Okinawaからリリースしたハシケンさんのインタビュー第二回です。うたという表現について、アジアで歌う事について話してもらいました。
◎Hasikenオフィシャルウェブサイト
http://www.hasiken.com

第一回はこちらからご覧いただけます。
http://sakuratoku.ti-da.net/e9022356.html

Q:デビューから21年です。ハシケンさんご自身の中で、歌い方など、表現の仕方に変化はありますか? あるとすればどういう部分でしょうか?
デビューから最初の10年くらいは、すごく強さで押し切っていたような感覚が今は、あります。当時はそんなことは思っていなかったし、若さもあったと思います。
実はデビュー10年目くらいのときに奄美ですごく信頼できるユタ神さまに見てもらう機会があって「あなたは、高音で強く歌を歌うことを良いと思ってるかもしれないけど、あなたの魅力がほんとうに伝わるのは低くささやくような声で歌うことですよ」と言われて「なるほど、そうかもしれないなぁ」と思い、低めの音でやさしく歌える曲を増やしていった経緯があります。そのころからライヴでの表現や作曲の幅が広がっていったと思います。
そのユタ神さまは栄さんという方で、私が音楽を担当した映画「2つ目の窓」に出演されていて、見ていただいてから約8年越しに再会しました。
あと、ここ約2年くらいの間、あらためて1曲ずつ歌詞を見ながら歌い、どうやったらもっと忠実に今の自分として歌に向き合えるのだろうかと考えながら練習してライヴにのぞんでいます。

Q:最近は台湾や韓国などでもライブを行ってらっしゃいます。アジアの国で歌いたいと思う理由はなんですか?
とても近い国なのに、以前はあまり興味がなく、どちらかというとヨーロッパの方に目が向いてましたが2013年桜坂劇場で行われた「Sakurazaka ASYLUM -TAIWAN STYLU TCM WEEK」を観ることができて台湾のミュージシャンと交流もできました。すぐ近くにこんな刺激的な人たちがいるんだってことに気づかされたことがきっかけです。
そこからいろいろ知って同じルーツから派生されたと思われる言葉や文化もありより身近に感じれるようになり、今度は私が日本語で歌う歌をどう台湾や韓国の人たちが聴いてくれるのかに興味が出てきました。
これからもっと出かけていきたいですね。どこへ行っても日本語で歌うことをつづけていきたいです。

Q:「うた」というアルバムタイトルにした理由を教えてください。
元々は、全く別のタイトルを考えていたんですが、今回素敵な文章を寄せていただいた川口美保さんのライナーノーツを読んでいたら、これはずばり「うた」というタイトルだ!ってひらめきました。
一発録音という、ある意味崖っぷちのような録音スタイルで、民謡を習ったことがある縁のある沖縄での録音。そこから紡ぎ出されるものは、シンプルにただひたすら歌う「うた」なんじゃないかなぁと妙に納得もできて・・。
あと漢字の「歌」ではなく「うた」なのは世界の中で日本でしか使ってない「ひらがな」という日本独自の文字で小さい子でも読むことができる表記がいいなぁと思ったからです。

Q:常々、うた・音楽を通して、どういうことを表現したい、あるいは伝えたいと考えていますか?
音楽を通じて、誰かや何かに対してメッセージを伝えたいというようなことは思っていなくて、自分の心がほんとうに揺れたり動いたことを歌詞に仕上げ、その歌詞が求めてるメロディを探して載せる。もしくは先にメロディの断片が浮かんできたら、そのメロディが求めてる歌詞を載せていきます。
作詞作曲にすごく時間がかかるものもあれば30分くらいで出来上がる曲もあります。今のところ最長に時間がかかった曲は今回のCDにも収録した「乳のみほせ」で、メロディが浮かんできてから、そのメロディと対等に思える、メロディに負けていない歌詞が浮かんでくるのに3年かかりました。
いつでも、自分の気持ちが揺れ動いたことをできるだけ忠実に再現そして表現していきたいです。
私が歌を歌うことによって聴いた人たちが、自分自身の頭や体でその歌から発生したり想像できることを展開して好き勝手に物語を各人で紡いでもらえたら、私は幸せです。聴いてくれるみなさんが自分で物語を作ったりいろんな想像をしてもらえるように、イメージを限定させないような工夫というか、歌詞に「余白」を残すことを心がけています。

Q:アルバムリリースに寄せて、一言メッセージをお願いします。
全12曲で72分強というかなり濃い内容になっていますが、デビュー21年目、2016年現在のハシケンが、がっちりつまってる内容になっていますので休み休みでも(笑)じっくり聴いていただき、またライヴにもぜひ足を運んでいただけたらうれしいです。自信作です!
写真:浜野カズシ


**********
ハシケン 「うた」
2016年夏の沖縄でソロ・レコーディングを行った
キャリア初のオールタイム・ベスト!
2016年10月1日発売!/Music from Okinawa/MfO-003/税抜2,778円(税込3,000円)
—収録曲 —
01.砂のユリカゴ
02.乳のみほせ
03.感謝
04.赤い実
05.月光の道
06.美しい島(くに)
07.限りなくあの空に近い
08.ワイド節
09.凛 -りん-
10.テーゲー
11.グランドライフ -7L3EPT-
12.For You –Hasiken version-
ライナーノーツ:川口美保(編集者/ライター)

**********
*現状、ライブ会場及び通信販売のみとなります。
通信販売ご希望の方は、メールにて受け付ます。
以下のアドレスから必要事項を記入の上、お申し込みください。
<お申し込みメールアドレス>
musicfromokinawashop@gmail.com
<記載事項>
◎件名:ハシケンCD予約
◎本文:枚数:
    お名前:
    お届け先住所:(郵便番号からお願いします)
    お電話番号:
メールが届き次第、確認メールをお送りいたします。
確認メールに記載された、銀行口座に、商品代金+送料(全国一律500円)を送金してください。
お問い合わせ:Music from Okinawa(桜坂劇場内)
沖縄県那覇市牧志3-6-10
TEL098-860-9555


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です