もたいまさこさんも出てるよ!「モヒカン故郷に帰る」4/9公開!



昨夜の出来事。
お客様 「お姉ちゃん、写真撮っていい?」
下地  「え? WHY? どうして??」
お客様 「写真が趣味だから。ほら。(肩にかけたカメラを見せる)」
下地  「じゃあ仕方がないですね。」
こんにちは。
人生、いくつになっても初体験はあるものです。
よく分からないけど、やけに説得力のある理由でモデルになることが決定。
ポーズの指示までうけ、モデル業界へ片足を踏み入れた。と勝手に思っている下地です。
36歳8ヶ月にしてまさかの初体験。初夜の余韻を引きずって、気だるい朝を迎えました。
さて、土曜日からはじまる「ロブスター」のことは、もう皆さんご存知ですか?
詳しいことは、以前この場を借りてご紹介させていただきましたので、未読の方は是非♪
>>コチラから
いよいよ4・9(土)公開です。
そして同じ日に公開の「モヒカン故郷に帰る」
今日はこの話をしたくてウズウズしております。

いや、実にいいです。楽しいです。
だって、「コメディはこうあって欲しい!」って思ってた、求めていたコメディをくれた映画なんですもん。
笑えるし泣けるし、父ちゃんは矢沢永吉好きすぎて、息子に【永吉】って名前つけちゃうし。
父ちゃん役の柄本明さんが最高なんです☆
離れ小島の中学校で吹奏楽部のコーチをしてて、永ちゃんの曲しか演奏させないっていう徹底ぶり。
目があったんですって。ライブのときに。永ちゃんと。
そりゃもう気持ちはノンストップですよね。わかるわかる。私も目があった♪レスラーと!!
「広島県民にとって、矢沢永吉は義務教育だ」
って、永ちゃんに勝るとも劣らない名言。
あと、軽自動車に貼った「E.YAZAWA」のステッカー!
いた〜。あのステッカー貼った車。見たことある〜!!

おっと、永ちゃんの話しでテンション上がりすぎちゃいました!
映画は、永ちゃん一筋で生きてきたお父さんと、永ちゃんになり損ねた息子・永吉のお話。
テーマは、「親不孝者の息子が、やったことのない親孝行にチャレンジ!」
できちゃった結婚を報告しに、広島の離れ小島の実家に7年ぶりに顔を出す永吉君と、彼女の由佳ちゃん。
もう、こっから事件ばっかりの毎日のスタートです。コメディの連続です。
ま、永吉ってつけられたら、それはちょっとグレるの分かるな。
でもなぁ、あたしゃ永吉君のこと【親不孝者】なんて言えねーな。
だって、、、結婚して子どもまで生まれる、って。
なんだかんだで父ちゃんも母ちゃんも嬉しそうだったしな。
なんだかんだで幸せそうだったもんな。あの家族。
それに引き換え、反抗的で言うことを聞かないワガママで生意気な娘を2人も育て、未だ孫の顔さえ見られないうちの親。可哀想に。
特に長女がひどくて。
「どんな男がいいの?」と聞けば「プロレスラー」と答える。
「プロレスラーはどこにいるの?」と聞けば「リング」と答える。
こだまでしょうか?
ちがいますね。しっかりした日本語のやりとりです。
不毛な。
ついに「プロレスラーと結婚すれば?」と言いはじめた母親。
親まで現実逃避をはじめました。
ここで一句
親孝行
したいときには
プロレスラーがいない。(字余り)
以上、
映画『モヒカン故郷へ帰る』、『ロブスター』は、今週末4/9(土)公開です♪
「モヒカン故郷へ帰る」公式サイト
「ロブスター」公式サイト
追伸
この映画の勝手に裏テーマを発表します。
カープ女子 (広島カープ大好き女子) vs プ女子 (プロレス大好き女子)
もたいまさこさん演じる栄吉の母ちゃんは筋金入りのカープ女子で、前田のあっちゃんのお母さん役・美保純さんは、現実世界でプ女子です。オカダカズチカ選手の大ファンなんですって。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です