『おみおくりの作法』試写会コメント

2015年もあっという間に2月の中旬です!。
まだまだ寒い日が続いていますので、体調管理を怠らないようにしていきましょう。
1月に誕生日を迎えたN村は、同僚にプレゼントを頂き、ここ何年か寂しい思いをしていたんだと気付かされました。
誰かに祝ってもらうのは良いものですね。
さて、先ほど行われました映画『おみおくりの作法』の試写会のコメントを一部お届けします。
本作は、たったひとりで亡くなった方の、葬儀を行う仕事をしている、几帳面で誠実な地方公務員ジョン・メイの物語。ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門において、監督賞を含む4賞を受賞したほか、世界各国の映画祭においても絶賛された話題作です。
死者とのつながりについて考えさせられる本作は、2月14日(土)より桜坂劇場にて公開です。詳しくはコチラ

アンケートにご協力して頂いた皆様、貴重なご意見・ご感想ありがとうございました。
☆映画が終わった時、涙が出ていることに気付いてびっくりしました。
こんなに静かな感動を味わえる映画は久しぶりです。
(会社員 女性)
★自分の心に誠実に仕事をする。そうすれば人生に悔い無しですね!
(51歳 女性)


☆かつて鑑賞した映画の中でも最も感動的なラストだった。
映像と音楽だけですばらしい場面を演出した。今後様々な場面で「STILE LIFE」のラストが語り継がれることと思う。
(60歳 自営業 女性)
★あらためて、生きることと、死について考えさせられた映画でした。ありがとうございます。
(66歳 女性)
☆とても良かったです。最後、号泣してしまいました。
(46歳 会社員 男性)

★故人の旅立ちを全力で支えるジョン・メイに感動しました。
孤独、死、人と人とのつながり、故人の歴史をていねいにひもとき、弔うジョン・メイ。最高の”おみおくりの作法”について考えさせられました。
感動をありがとう!
(60歳 主婦)
☆これからの自分の生き方を考えさせられる作品でした。
(61歳 男性)
★ラストシーンの感動!
故人を想う彼の人柄に胸が打たれました。家に帰って身の回りを整理しようと決意しました。
いや〜、他にも気になる点があるので、もう一度観たいです。
(63歳 女性)
☆人はだれでも物語をもっているということ。なにげない日常で繰り広げられる人間関係を、ていねいに、作法を忘れずに過ごさねば。
(37歳 女性)

★日々の生き方をあらためて大事にして過ごしたいと思う。
(45歳 公務員 男性)
☆静かな映画だけに、主役のジョン・メイの表情、立ち姿、小さな動きのひとつひとつに意味を感じる作品だった。演技も素晴らしい!
(ラジオディレクター 女性)
★愚直な主人公の真っすぐな仕事への愛着が、本当に心にしみる作品でした。
良い映画に巡り会えたと思います。
(45歳 男性)
☆観て良かった!そしてまた、大切な人と観たいです。
(36歳 女性)
2月は、『劇場版ムーミン』、『神様はバリにいる』など話題作が続々公開!2月28日からは、ももいろクローバーZ主演の『幕が上がる』も上映します!
遅くなりましたが、2015年も桜坂劇場を宜しくお願いします。(N村)

★この映画を観た後は、もはや他人の死が他人事ではなくなってしまう。
すべての人の人生に思いを馳せ、生きていることの大切さを忘れないようにします!
(27歳 映画館勤務)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です