『少年と自転車』明日はトークショー!




こんにちは。慰霊の日ですね。あらためて、映画を上映できていることに、感謝の思いでいっぱいです。命どぅ宝。あの辛い過去を絶対に繰り返さない。そう心に誓いました。
平和な今に感謝して、ステキな映画をいっぱい観たいですね!!さぁ今日は、桜坂劇場より、話題作『少年と自転車』のご紹介です。
そう、明日、FM沖縄『スクリーンへの招待』でもおなじみ安谷屋眞理子さんのしーぶんトークショーのある、あの話題の映画ですよ。安谷屋さんも大絶賛の本作。初日の今日も盛り上がりました。ちょっとね。泣いちゃうシーンとかもあったりして。皆様お鼻水グスン的な。
でもでも、親に捨てられた男の子の、悲しいお話?のはずなのに、ポスターの写真が爽やかで、光に溢れていて、『おや?どんな展開なんだい?』と思った方も多いのでは?そう!その通り。悲しいだけなんて、そんな一筋縄ではいきません。ちょっと聞いてくださいよ。





ー彼がシリルですー


とにかく、主人公のシリル役の少年がいいの。特に目がいいわ。わたくし、小学校や中学校の頃、同級生に施設から通ってくる子がいたから、よく覚えてるの。目がね、少し悲しげなの。怒ってるようにも見えたわ。
わたしなんて、ほら、当時からバカみたいに何でもかんでもゲラゲラ笑って、下ネタばっか言って。目はもうヌケサク先生みたいな目よ。
彼らはホンットに、全然違ってたわ。こういう事言うとあれだけど、、、、、色っぽいのよね〜!!しびれるわ〜。哀愁なのよ〜。シリルはね、まさにそんな目をしているの。簡単には人を近づけないっていうの?あの色気。演技とは思えないわ〜。え?お前Mだろって?Sもいけるわよ。
さて、そんなシリルちゃん。毎日サドルが高い自転車で、街を全力疾走。自転車にのってなくても全力疾走。風を感じ、駆け抜ける事で、悲しみを消そうとしているのかしら。通りは車も走っているし、何だか危なっかしくて、放っておけないのよね。母性をくすぐるわ〜。でも彼はおそらく苛立ってるの。親に裏切られた僕のこの気持ち、どうすればいいの???って。伝わるのよ〜〜〜スクリーンからビッシビシ!!
・・・いや、もうほんと、どうしてあげたらいいの?想像を絶する悲しさだと思うもの。ただ、常に思ってるわ。あなたを抱きしめたいって!




まぁ、これはほんの序章で、シリル君ご自身が、街で出会った美しい女性に『僕の里親になって』と、アプローチをしたり、親の気も知らずに!!と怒られるような悪さをしたり、色んなすったもんだがあっての、あの優しい光の射すポスターの絵、なわけです。気になりますね〜。
『どうしようかな〜』『ちょっと観たいな〜』と思っているあなた!お待ちしているわ。
せっかくだから、しーぶん(おまけ)もあるし、明日(6/23)13:50の回にいらして。
いつもラジオで聞いている安谷屋眞理子さん通称【マリマリ】の声が生で聞けるんですもの。もちろん、楽しい映画のお話がたっぷりよ!!



ではでは、長くなりましたが、桜坂劇場でお待ちしています。他にも話題作がザクザク上映中でございます。
皆さんからの感想もどしどしお待ちしていま〜す。

shimo

『少年と自転車』(6/23〜桜坂劇場にて公開)
しーぶんトークショー
6/24(日) 13:50の回終了後スタート
(15:15頃映画終了→すぐトークショースタートです)
ゲスト:安谷屋眞理子さん(FM沖縄『スクリーンへの招待』DJ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です