『11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち』大ヒットスタート!




雨でスタートした本日の『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』。激しい雨の中、なんと、お客様が大集結!記念すべき第1回目の上映が、おかげさまで満席となりました。ありがとうございました。


上映中のお客様の集中力はすごかったです。満席になった客席の濃度が恐ろしく濃かったです。そして、上映終了後は、本日のメインイベント、若松孝二監督、井浦新さん、大西信満さん、満島真之介さんの舞台あいさつを開催しました。




盛大な拍手の中、一番最初に登場した満島さんは、劇場を埋め尽くすお客様を前に、驚き、そして感激されていました。そして、井浦新さん、大西信満さん、監督の登場に、劇場内は興奮の嵐。故郷での初めての舞台あいさつに、満島さんは、「とても嬉しいです。ありがとうございます。」と感無量のご様子。一通りごあいさつをされたら、次は、恒例、質問タイム。監督への、「何故三島由紀夫さんの映画を撮ろうと思ったのですか?」という質問や、満島さんへの「森田必勝と共通点はありますか」といった、質問に加え、「この映画を撮ってくださってありがとう」という感謝の気持ちを伝えてくださるお客様が多く、登壇したゲストの皆さんも、とてもに嬉しそうにされていました。満島さんをよく知る女性は「桜坂劇場のパンフレットにある、井浦新さんの演説する写真に引き込まれ、パンフレットをよく見ると、真之介が写っていておどろきました!監督、ありがとうございます」と、身内の方だからこその、エピソードに、場内は温かい笑いと拍手で湧きました。
舞台あいさつの最後、井浦新さんは笑顔で、「五名以上の方にこの作品のことを話してくださいね」と。大西信満さんも「やっぱり映画は口コミ。是非たくさんの方にみていただきたいから、協力をよろしくお願いします。」と。沖縄代表・我らが満島真之介さんは、「皆さんの大切な時間を2時間、僕にください。2時間、スクリーンでこの映画を見てください。って真之介が言ってたって、伝えてください。」と、それぞれメッセージを残してくださいました。また、満島さんは、『若者の代表として、沖縄の代表として、ひっぱっていきます。東京でまたがんばります!応援よろしくお願いします!」とも。そして、監督からの最後のひとことは、「この映画がヒットすれば、また映画がとれる。皆さんの怒っている事、おかしいと思っている事を、僕が代表して映画で訴えていきます。だからよろしくお願いします。」
と、舞台あいさつを華麗に締めくくりました。
舞台あいさつ終了後には、真っ黒だった空が、真夏のような太陽が輝く、真っ青な空に変貌。2年前にちょうど梅雨明けした『キャタピラー』の初日を思い出しました。監督は晴れ男なんだそうです。
パンフレット販売活動も大盛況。ほとんどの方が、パンフレットを購入されました。



このパンフレット、本当にすごいんです。パンフレットと呼ぶには充実しすぎた内容。出演者、監督へのインタビューだけでなく、盾の会に所属されていた方へのインタビューや、菅孝行さん、松本健一さん、田原総一郎さん、鈴木邦男さんをはじめとする、蒼々たるメンバーからの寄稿、対談等貴重な記事で埋め尽くされています。
幸先のよい、最高の初日を迎えた『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』、監督からの受売りですが、「いいと思った方は是非、お友達やお知り合いの方に、良かったよ!観たほうがいい、と伝えてほしい」と思います。まずは、当時、この世の中を良くしたい、と願った若者たちの【熱】を、是非、じっくりとご覧下さい。
そして、本日ご来場いただいた皆様。本当にありがとうございました。雨が降ったと思ったら、猛暑。本当にお疲れさまでした。明日は月曜日。明日はお仕事の皆さん。お疲れではないですか?この熱を胸に、今週も一緒に頑張りましょう!!
(shimo)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です