『海燕ホテル・ブルー』濃密 夜のトークショー開催!




11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』の舞台あいさつが大々的に紹介されておりますが、実は、もう一つ、ますますよだれの出そうなステキなイベントがあるんです!
今回ご紹介させていただく映画は『海燕ホテル・ブルー』。実は、カンヌ国際映画祭に出品された『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』の撮影終了後、間髪入れずに若松孝二監督が撮影した真の最新作なんです。
そしてなんと、『海燕ホテル・ブルー』の上映に合わせ、一夜限りの濃密トークショーを開催することが決定しました!!
——————-【トークショー日程】——————-
2012年6月9日(土) 会場:桜坂劇場ホールB
開場19:10/開演19:20 ※上映終了後トークショースタート
ゲスト:若松孝二監督/井浦新さん(ARATA)/大西信満さん
スペシャルゲスト:満島真之介さん
前売券1000円で発売中!
プレイガイド:桜坂劇場窓口
※招待券使用不可。※混雑が予測される場合は整理券を発券いたします。
※当日券は、【若松孝二作品特別料金】に準じます。
一般1300円   会員1000円 大学1000円  高校・中学・小人500円
詳しい話は続きを読んでくださいピース


これまでの強いメッセージ性を持つ作品とは一線を画し、人間の心を支配する欲望の愚かさと悲しみを、夢とも現実ともつかない映像で描き、観る者を、心地良いような悪いような、不思議な世界へ誘います。若松孝二作品をよく知る人が観ると、かつての若松作品が帰ってきたような懐かしさを、若松作品に触れた事のない者にとっては、観た事の無い新しい映画体験を与えてくれます。
(監督自身が『これはね、変な映画なんだよ』とおっしゃってました(笑))
原作は、監督の親友、直木賞作家・船戸与一さん。そして、音楽は、日本が大好きになって日本に移り住んだアーティスト、ジム・オルーク。不思議な映画だけど、やっぱり監督の骨太さの感じられる、ステキな作品を、是非、ステキなゲストと一緒にステキなひとときを過ごしましょう。会場が小さいので、すごく濃密な一体感を感じる夜になると思うわ〜ハート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です