「ミケランジェロの暗号」試写会

雨降りしきる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
秋の夜長にぴったりのサスペンス映画が公開されます。
ずばり「ミケランジェロの暗号」!!
タイトルからしてサスペンスフルです。
先日当作の試写会を開催いたしました
ご来場頂きました皆様、ありがとうございました。
ここで、鑑賞後に寄せられたご感想を紹介致します。
●楽しい!!場面の変わりようが実に映画的で面白い!良い意味でイメージと違いました。
●ハラハラドキドキ、そしておしゃれな大人の映画でした!
●戦争の愚かさ、ユダヤ人の悲劇、最後のどんでん返しが面白かった。
●最後までドキドキ。結末はどうなることかと…。気分がスカッとして良かったです。
●やっぱり!絵の在り処はそこだったのかと。お父さんナイスです。愛の描き方も素敵だし、うまい映画です。
●重い映画かなぁと予想してましたが、テンポよく音楽よく、ヨーロッパ中を股に掛けて爽快に逆転劇が展開。最後まで楽しかったです。
などなど、たくさんのご感想ありがとうございます。
『ヒトラーの贋札』でアカデミー賞を受賞したスタッフが再集結し、制作された本作。国宝級の絵画を巡り、イタリアとナチス・ドイツ、収容所の母を救おうとするユダヤ人画商らの駆け引きが緊迫感たっぷりに交錯。過酷な歴史の流れと、そのなかで命懸けの奔走をする男の姿から目が離せない一級のサスペンス。是非ご鑑賞下さいませ。
下桜坂劇場での上映予定は以下のリンクで確認できます下
http://www.sakura-zaka.com/movie/1111/1111_angou.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です