『こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』公開

桜坂劇場紹介ページ>>
明日から公開の『こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』が、かなり楽しみ。この制作会社の作品は『タカダワタル的』『エンケン VS 日本武道館』など、地道に活動を続けるアーチストを紹介する映画を作り続けている。こまどり姉妹一時期は一人が末期ガンと言われていたけど、70歳を超えた現在でも活動を続けている。
(お得な情報も載った記事が、以下に続きます)


続けているってのはすごいことだよ。やっぱそこには語るべきドラマが必ず生れているし、そういう事をちゃんと記録しようとする志は大事。まあ、制作会社の社長の趣味とも言われていますが、そういうこだわりから、良い仕事が生れてきたりするんだよね。
今はアイドルに憧れたお子様達が、スターを目指してデビューする時代だけど、こまどり姉妹は全然違う。歌が好きなわけではないけど、ご飯たべるために歌わねばならなかった極貧時代がスタート。ある意味、こまどり姉妹のドラマは、昭和を体験した人々が共有できるおもしろさなのだと思う。そしてその感覚を、後から生まれた僕らも体験できる映画。それに加えてこまどり姉妹というアーティストの仕事を知るおもしろさも絶対にある。ちょっと自分の生活の幅を広める気分で観に来るのも楽しい映画です。
(文:真喜屋)
PS
ちなみに母の日は、母子ともに連れ立ってくると、お一人様800円で映画が観られますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です