『グッド・バッド・ウィアード』感想 初日プレゼントあり

いよいよ来る日曜日から始まるアクション大作『グッド・バッド・ウィアード』をお先に見せていただきました。チョン・ウソン、イ・ビョンホン、ソン・ガンホという韓国のイケメン二人と変な顔だけど人気の高い名優の競演は、女性ファンに人気です。でもアクション娯楽作としては男性も十分楽しめる。なんといっても元ネタは『続・夕日のガンマン(英語名:The Good, the Bad and the Ugly)』。ドンパチあり、おっかけっこあり、スケールがドンドンでかくなる楽しさは、ドタバタ映画の基本『バスター・キートン』の映画の様でした。
●初日御来場のお客様には特製のミニノートを先着でプレゼントいたします。数に限りがありますのでよろしくお願いいたします。
桜坂劇場の上映日程と時間はコチラ>>
▼『グッド・バッド・ウィアード』予告

以下、試写を見た人の感想の抜粋↓
「終盤の追想撃はカーチェイスさながらの迫力でした。キャッチコピーにあるとおり、ムチャクチャな映画です」
●中国、満州、韓国、朝鮮、日本…とその歴史を考えると、頭が痛くなりそうな所を映画として(サラリ?!)と流してくれていて、楽しむことができました。爆薬と馬達にも拍手を贈りたいです。」
※確かに、多国籍な言葉が飛び交うおもしろさ。日本語もけっこう登場するので見やすいです。
●マカロニウエスタンならぬ、ビビンバウエスタンか、面白かった!
しがない列車強盗だったのに、たまたま手に入れた地図のためにあんなに大勢に追われて、追われて、追われて…。
一匹狼のカッコイイこと!音楽も良かった。
●アクション映画はあまり観ないので…少し激しかったです。くすっと笑える場面もあり、えっと驚くことも…面白かったです。
●期待以上におもしろかったです!それに名と言ってもチョン・ウソンがかっこよかったー!今までそれほどでもなかったけど、この映画を観て”キャ〜カッコいい〜♡”と最後までキュンキュンしてしまいました。(笑) (私のブログでも宣伝したいと思います)
▼参考『続・夕日のガンマン(英語名:The Good, the Bad and the Ugly)』


2 Comments

  1. 試写会に行きました。ありがとうございました!
    個人的には、「これがオチ?!」と脚本の内容に浅さを感じました。
    金をかけてる=イイ映画ではないけど。
    でも、スピード感あるアクションと音のテンポはよかったと思いました。
    映像も広く美しかったし、役者の演技も見所でしたね。
    有名人使ってみました的な感じがしました。

  2. はオチはけっこう気に入ってます。 元ネタより、こっちのラストが好きです。 確かにちょっと長いですが、なんかハシャギながらいつまでも続けてるバカなノリが憎めません。(真喜屋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です