「闇の子供たち」関係者試写会感想

「闇の子供たち」に協力して頂いている
学生NGO「ONE LOVE」さんに特別試写会を開催。
感想を頂きました。

**********************************
正直つらかった。見終わった後の気持ちはどうすればよいのか。。。
各自が持ち帰って処理するしかないのかもしれません。
人間の「欲」の怖さを見てしまった気がする。
どう伝える、どう変えるというより、自分の価値観、考えを
しっかり持たなければと思った。
人はみんな平等なのに。。。悲しいです。

**********************************
とてもリアリティがあり、衝撃が大きかった。
特に宮崎あおいさんと、子供が月を見るシーンがありました。
この時私は、同じ地球に住み、同じ空気をすい、同じ月を見ているのに、
富の違いだけで生活がこんなに変わるのだろうか?と思いました。
しかも、幼児に対してわいせつ行為をすることが、
私にとって理解する事が出来ません。
こんな事が早く無くなればいいなと思います。
大人の事情で、子供を犠牲にするのは許せない。

**********************************
知らないといけない現実が身近で起きているけど、
私は何も知らなかった。知ったから行動を起こさないといけない訳ではなく、
この現実が私たちの生活と関わっていて、他国や他人の問題と思わず、
この現実を大勢の人達に、映画を通じて知ってもらう事が大事なのかな。
子供の命って、命の価値って、誰にも決められないのに。。。

**********************************
見終わった後、身体の力が抜けるようだった。
臓器移植とか、児童売買とか誰が悪い人なのか探せない。
日本人も、家族の人も、密売する人も、子供を買う人も、
それぞれの立場の人が「仕方がない」とか「自分だけは」とか、
あきらめてしまう気持ちがつながって、つながって、
こんな問題になっている。。。
あきらめない気持ちが、現状を変える力になるのだと思う。

**********************************
日本の子供の命のために、アジアの子供が殺されている・・・。
「臓器移植」と言葉では知っていても、その実態を映像を通して知り、
言葉にならないほどショックを受けた。
私たちの知らない所で、一番弱い立場にいる子供たちが犠牲になっている
この現状から絶対に目を背けてはならないと思う。
このような闇の商売を絶対に許してはならない。
これ以上の犠牲者を出さない為に、私自身に何ができるのか・・・。
この映画を多くの人達に見てもらいたいと思う。


One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です