「パリ、恋人たちの2日間」試写会しました!

こんにちは。
今月も会員様限定先行特別試写会、無事開催いたしました。ご応募いただいた皆様、ありがとうございました。残念ながらご参加いただけなかった会員様も、毎月やっています。是非またのご応募お待ちしています。
さて、今回の作品は、7月12日公開の映画「パリ、恋人たちの2日間」。熟練カップルのすごした、パリでの壮絶な二日間をみなさんはどんな気持ちでご覧になったのか、感想をいただいたので読んでみて下さい。
年代によって、恋愛にたいする意見が変化していくのがすごく面白かったので、人生の先輩のご意見から順に並べてみました。大人の恋の話だと思っていましたが、よく考えると、結婚してないカップルなんて、熟練夫婦からしてみれば、オコチャマですよね。年齢に注目してみてください!


若い時にもどれたら、ああいう恋もしてみたい感じ(64歳 女性)
沖縄の女性にも、パリの女性みたいな人がいた。セックスだけが男と女じゃない(63歳 男性)
ウディー・アレンの映画と似ているところあり。ジュリー・デルピーのハチャメチャで自分に正直で、自由に生きている姿がとてもよかった。(55歳 女性)
彼女の作品は、ありふれた恋人たちの自然な対話に奥の深さを感じさせます。日本人ではありえない言葉の使い方には少しビックリしました。(55歳 女性)
最高に笑えます。登場する役者が魅力的(父も母も妹も男達も)ジュリー・デルピーはすごい才能の持ち主!(51歳 女性)
はちゃめちゃな感じだが、最後はホットな爽快感が残った。人間て、理解しがたいが、大切なのは愛なんだ、と。(46歳 女性)
フランス人て、すごく個性的だと思いました。(41歳 女性)
パリへのイメージがかなり変わっちゃった。それに、恋愛の難しさと面白さ、様々な感情が感じられる、ちょっとユニークな映画でした。(39歳 女性)
想像していたものと全然違っていましたが、とても刺激的で面白かったです。(37歳 女性)
本能のままに生きるマリオンは素晴らしいと思う。所々に笑える場面もあり、あきのこない面白さが有る。お父さんはよい味があった(37歳 女性)
自分自身とパートナーの事を考えた。映画の二人と全く同じで、笑ったり、泣いたり、なだめたり、怒ったり。国が違えど、言葉が違えど、万国共通のカップルの姿だった。当事者は一生懸命だけど、端から見ると滑稽だったりするのですね。きっとうちらもそうだろうな、と、反省。仲良しだからいいけど。(35歳 女性)
男性の心の広さになぜか嬉しくなりました。女性の正直さ、素直さ、かわいらしさが見えました。(33歳 女性)
相手の過去も受け入れる(お互いのかな)。そんな愛を見つけたいです。(32歳 女性)
オシャレで少し下品なところもあるけど、面白かったです。ラストシーンをみて、恋人に逢いたくなりました(31歳 女性)
大人の恋愛も本当は子供っぽいことを、分かりやすくした映画だと思う。かわいらしい映画だと思った。(30歳 女性)
よーくわかるよー、と思いました。(28歳 女性)
フランスってほんとうにあんな人達ばかりなのか、とても気になる!勉強して調べてみます。面白かったです。(28歳 女性)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です