大人の夜の過ごし方♡

まんじ


「卍」がキテマス!!原作:谷崎潤一郎。監督:井口昇。更に、荒川良々も出演中と、マニアにはたまらない組み合わせの問題作。
でもね、監督とか、原作とか、そういうことはおいといて、とにかく色っぽく、妖艶で、儚く、美しいの共演が、皆様の心をくすぐったのでは?
ザ・エロス!
そんな作品を、男性だけじゃなく、女性も待っていた。きっとそれが自然のルール。
ゴールデンウィーク後半の5/5(月)の夜、こんなセクスィーなポスターを掲げた桜坂劇場には、いつになく女性が集まり、「卍」のチケットが飛ぶように売れ、その群衆が次々に映画館の暗闇の中へ消えて行く。もう、その時点で桜坂劇場自体がエロスと化したかのよう。暗闇の中で彼女達は何を思っていたのでしょう。何も感じないのかもしれないですね。エロスな空間に存分に浸された体が、いつもよりしなやかに、艶かしく、“女”の匂いを放っていることにも気づいていないのかもしれない・・・ハート(笑)
そんな訳で、大絶賛上映中の「卍」ですが、“堕ちる女特集”として、同じ谷崎潤一郎原作の「刺青 堕ちた女郎蜘蛛」と一日ごとの交互上映となっております。詳しくは、ホームページもしくは、劇場へお問合せ下さい。(TEL:098-860-9555)
堕ちてしまった女っていうのは、美しいです。でもなかなか堕ちる勇気がないんですよねぇ。(shimo)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です