映画制作講座『アコークロー』の監督、飛び入り!

水曜日は映画制作講座中級編。全10回の中で映画の企画を立てて、完成まで行く予定です。今晩は二回目ということで、それぞれ持ち寄った企画をぶつけての企画会議です。まだまだ映画の全容は見えませんが、あれこれ好きなことを語る楽しい時期なのかもしれません。講師を務める新垣善広さんは、できるだけ放任主義にしながらも、良いところでアドバイスを入れてくれるので頼もしい限りです。まあ、ワークショップですから、自分たちで考えながら工夫するのが一番ですよね。
また、この日は『アコークロー』の特別試写会が行われていたこともあり、拉致どうぜんに監督の岸本司さんを呼び込み、映画の宣伝と制作にいたるまでのお話を聞かせていただきました。ま、こういう飛び入りもあるのが桜坂劇場のワークショップの良いところでしょう。

(ディレクター:眞喜屋力)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です