桜坂スタジオ特別上映編 VOL.1

「シュワンクマイエルの不思議な世界」
チェコが生んだ人形アニメーション作家の天才、
ヤン・シュワンクマイエル

その小作品、
「自然の歴史(博物史)」(67・7分)
「部屋」(68・13分)
「地下室の怪」(83・14分)
「陥し穴と振り子」(83・15分)
「男のゲーム」(88・14分)
「闇・光・闇」(89・7分)
「対話の可能性」(82・11分)
を集めた短編集を上映。
上映時間:83分
製作国:チェコスロヴァキア
公開情報:劇場未公開・ビデオ発


作品全体を支配している厭世主義、
辛辣なブラック・ユーモア、
人間の内側を鋭くえぐり出す様な痛烈な風刺など、
彼独特の哲学的世界がたっぷりと堪能できる傑作集。

まさにシュールレアリズムの極致。必見です!
会場も一風変わった「桜坂スタジオ」※劇場3F で。
大人数の入場は出来ませんが、
新鮮な気持ちで作品を見て頂けると思います。
また、初めてスタジオに入る人は、
劇場にこんな場所(部屋)があったことに驚くはず。
日程:2008年1月13日(日)
場所:桜坂スタジオ(劇場3F)
料金:特別価格800円 高校生以下500円

★スペシャルイベント★
『アートアニメの面白さを語ってみよう』
ゲスト:比嘉ブラザーズ
プロフィール
高校卒業後、バイトをしアメリカ留学。スクリーミング・マッド・ジョージ氏、
デビッド・アレン氏のもとで働く。99年より地元の沖縄に戻り、今までに得
た技術と経験を結集した人形アニメ映画「鉄の子カナヒル」を製作。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です