“折坂悠太のツーと言えばカー2019”【沖縄公演】

開催日
2019年10月27日(日)
開場・開演時間
開場17:30 開演18:00
会場
桜坂劇場 ホールA
出演
折坂悠太(Vocals, Guitars)
ゲスト:butaji
料金
一般前売4,000円(全席指定)

※入場時別途300円ドリンクオーダーが必要
※4歳以上チケット必要/3歳以下膝上無料

【オフィシャル先行】
7月23日(火)17:00〜7月29日(月)23:59 チケットぴあ 抽選受付
受付URL https://l-tike.com/st1/togokiyomaru0927/ (4枚制限)

【一般先行】
BEA WEB受付 7月30日(火)12:00〜8月5日(月)23:59 抽選受付 (4枚制限)
PM-NET受付 7月30日(火)12:00〜8月5日(月)23:59 抽選受付 (4枚制限)
前売り券発売日
2019年08月10日
チケット販売店
桜坂劇場/ローソンチケット Lコード : 83902
/チケットぴあ Pコード : 160-451
/イープラス
お問い合わせ
問合せ・電話予約=PM AGENCY 098-898-1331(平日10:00〜18:00)

時代と呼応しながらも、独自の日本語歌唱で大きな飛躍をみせる折坂悠太。

東阪ワンマンライブも即日完売、そして月9ドラマ「監察医 朝顔」主題歌への大抜擢。

今最もライブを見るべきアーティスト、折坂悠太の表現の原点と言える

弾き語りライブツアーが各地ゲストを招き開催決定。

独特な歌唱スタイルでありながら、普遍性を伴った楽曲と先鋭的な音楽的試みを取り入れたアルバム『平成』では、多くの業界関係者が称賛を寄せ、2018年を代表するアルバムとしてCDショップ大賞2019を受賞。5月に行われた東京・大阪2会場でのワンマンライブは東京追加公演含め即日完売となり、東京(合奏)、大阪(重奏)とそれぞれ異なるンバー構成でのライブも話題となった。

また、フジテレビ系7月度月曜9時枠ドラマ「監察医 朝顔」主題歌としても起用され、ますます注目を集めている。

そして今回、折坂の活動の原点でもある弾き語りツアーを開催することが決定した。全12公演、東京をのぞく各会場ではそれぞれゲストを招いてのツーマンライブとなる。ギター1本、折坂の真骨頂とも言える弾き語りライブの醍醐味をぜひ味わってほしい。

折坂悠太:

平成元年、鳥取生まれのシンガーソングライター。
幼少期をロシアやイランで過ごし、帰国後は千葉県に移る。2013年よりギター弾き語りでライヴ活
動を開始。
2014年、自主製作ミニアルバム『あけぼの』を発表。
2015年、レーベル『のろしレコード』の立ち上げに参加。
2016年には自主1stアルバム『たむけ』をリリース。その後は合奏(バンド)編成でのライヴも行う。
2017年8月18日には、合奏編成にて初のワンマンライヴとなる「合奏わんまん」を代官山 晴れた
ら空に豆まいてにて行い、チケットは完売。同日より合奏編成で録音した会場限定盤「なつのべ 
live recording H29.07.02」を販売開始する。
2018年1月17日、合奏編成による初のスタジオ作EP「ざわめき」をリリースする。
2018年2月より半年かけて、全国23箇所で弾き語り投げ銭ツアーを敢行し話題を集め、FUJI 
ROCK FESTIVAL 2018、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO、New Acoustic 
Campなど夏フェスにも多数出演することが決定する。
そして、10月3日に最新作『平成』をリリースする。

独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせながら、そ
れをポップスとして消化した稀有なシンガー。その音楽性とライヴパフォーマンスから、宇多田ヒ
カル、ゴンチチ、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、伊集院光、
小山田壮平(ex: andymori)、坂口恭平、寺尾紗穂らより賛辞を受ける。

折坂悠太うえぶ(Official Web):http://orisakayuta.jp/
折坂悠太(Twitter):@madon36(http://twitter.com/madon36)
折坂悠太いんふぉ(Twitter):@orisakayuta(http://twitter.com/orisakayuta)
折坂悠太ふぉと(Instagram):@orisakayuta(http://instagram.com/orisakayuta