Sakurazaka ASYLUM 2020 / サクラザカ・アサイラム2020

開催日
2020年02月22日(土)・23日(日)
会場
桜坂劇場・他
出演

◎出演アーティスト(1/6現在)
タテタカコ / 民謡クルセイダーズ / 赤土-AKAZUCHI- / GEZAN / PYRA(タイ)/ 踊ってばかりの国 / Lucie,Too

THE BASSONS / THE SAKISHIMA meeting(新良幸人×下地イサム)/ ALKDO /マルチーズロック / CHINEMA dub MONKS / DeerMX(香港)/ KACHIMBA IRIS / Goonam(韓国)/ HARAHELLS / TOSH / Caribbean Dandy(SATOL.F aka 藤井悟 / DJ TXAKO) / WILLIS DRUMMOND(バスク)/ 高良結香 / FANEL(フランス) / Home Party People / Shumking Mansion(香港)

紅茶フーフー / AKKANBABYS / ドブロク / メカルジン / 8bit / The Gimlet / 田中雅紀 / 林真世 / シュウジゲンノウズ / いおかゆうみ / 十中八九 / 煖臍 / 「ie」 / とんちピクルス / onoway / 夢野カブ / 音道青心 / Orkestar de VICCOS / 木村華子 / 平井正也(マーガレットズロース) / ヤギフミトモ / ツチヤヒトミ / 金丸獅子同好会&沖縄空手道協会(上地流) / TASOKO / NA-GA / KIRAYAMA

hechimania / KiKaChi王 / street good / 春はあけぼの / 町子 / Owl gall_ / Brown Beat Trio / 絶頂かおり / ふぁぶる×Hao blossom / ハルカカナタ / アラシロシン / ジョー長岡 / Famous japanese / tea / SYS / 中村いぶき

Sakurazaka ASYLUM website
http://asylum-okinawa.info/

 

料金
チケット料金(日付指定なし)
1日券:一般前売4,000円 当日4,500円
2日券:7,000円
小中高校生: 500円(入場できる会場が限られます。22時以降の公演への入場不可)

*当日リストバンド交換時、別途ドリンクチケット(500円)の購入が必要。各会場、マルシェで利用可能。差額分返金はなし。
*チケットは桜坂劇場にて、リストバンドに交換後入場自由。
チケット販売店

<プレイガイド / Ticket outlet>
桜坂劇場窓口
Output(牧志)
SMOKE(桜坂)
桜坂g(桜坂)
KARIYUSHI COFFEE AND BEER STAND(桜坂)
喫茶カラーズ(桜坂)
nuff hive(桜坂)
生活の柄(栄町)
groove(浦添)
ムカイヤ(壺屋・浮島通りそば)
波の上ミュージック(辻)
Music from Okinawa web shop(発券手数料無料・送料無料)
https://musicokinawa.official.ec/

ファミリーマート各店・イープラス
https://eplus.jp/sf/search?block=true&keyword=Sakurazaka+ASYLUM

チケットぴあスポット・セブンイレブン(Pコード172-113)
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1956069&rlsCd=001&lotRlsCd=

ローソンチケット(Lコード82121)
https://l-tike.com/

お問い合わせ
お問い合わせ・電話予約=桜坂劇場098-860-9555
備考

会場/沖縄県那覇市牧志(通称、桜坂エリア)
◎リストバンド提示で入場できる会場
桜坂劇場/桜坂セントラル/喫茶カラーズ/nuff hive/SMOKE/桜坂g/Output(2/23のみ)

◎リストバンド提示なしで入場できる会場
さんご座キッチン/希望ヶ丘公園/劇場前駐車場/KARIYUSHI COFFEE AND BEER STAND

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

那覇・桜坂から音楽とアートを発信!

音楽やアート、あらゆる表現を、明日を見通すことが困難な時代の心の拠り所(避難所=ASYLUM)にしようと、2007年にスタートした「Sakurazaka ASYLUM」。2020年2月22日(土)・23日(日)の2日間、開催します。
時代がものすごい速度で流れ、町や通りの風景が日々変化を続ける中、音楽やアートに対する熱はさらに大きくなっています。
海外の音楽関係者を招いて開催する「Trans Asia Music Meeting」も定着しつつあり、アサイラムをきっかけにアーティストが海外進出を果たすケースも増えています。(2019年は、折坂悠太さんが台南LUCfest、Famous Japaneseが、韓国のSeoul Music Weekに出演!)街中のサーキット・フェスというだけでなく、新たな可能性を拓く、日本ではワン・アンド・オンリーのショーケース・フェスティバルとしての側面も、重要になっています。
今回の出演アーティストも順次発表していますが、忖度なしで、一人でも多くの人に聴いてほしいバンドばかりです。2月の週末、桜坂の町を歩きながら、一組でも多くのアーティストのパフォーマンスをお楽しみください。

<同時開催>
Trans Asia Music Meeting 2020
沖縄音楽を海外に発信し、沖縄発でアジアの音楽ネットワークを構築することを目的にした、
国際音楽カンファレンスです。
日程:2020年2月22日(土)・23日(日)
*2/21(金)19:00よりオープニング・レセプション(有料)開催。
会場:桜坂劇場ホールA