【公演延期 !】Okinawa ⇆ Asia Indie Campur 2020 オキナワ ⇆ アジア・インディー・チャンプルー 2020【Postponed!】

開催日
2020年05月29日(金)〜31日(日)
会場
桜坂劇場・Output・G-Shelter
出演

DSPS(台湾)
An Honest Mistake(マレーシア)
Tanayu(インドネシア)
DrinkingBoys&GirlsChoir(韓国)

and more

お問い合わせ
問い合わせ=桜坂劇場098-860-9555
備考

Supported by Okinawa E-Motion

5月29日(金)-31日(日)に開催予定でした、「Okinawa ⇆ Asia Indie Campur 2020」は、コロナ・ウイルスの影響を考慮して延期となりました。
延期日程は2020年夏頃をめどに準備を進めております。次のアナウンスまで、今しばらくお待ちください。

“Okinawa ⇆ Asia Indie Campur 2020”, which was scheduled to be held from May 29 (Fri) to 31 (Sun), has been postponed due to the influence of the coronavirus.
About new schedule, now we are preparing to prospect the early summer of 2020. Please wait for a while until the next announcement.

**********

沖縄とアジアを音楽でリンクする。
アジアのインディーズ音楽の熱気を伝えるバンドが沖縄へ。

今、かつてない熱気を帯びる、アジアのインディーズ音楽にフォーカスしたライブ・イベント「Okinawa ⇆ Asia Indie Campur 2020 / オキナワ ⇆ アジア・インディー・チャンプルー 2020」を開催します。

台湾のSunset Rollercoaster(サンセット・ローラーコースター)やタイのPhum Viphurit(プム・ヴィプフリット)など、活動規模を世界に広げるバンドが増えています。背景には、音楽シーンのサブスクリプションへの移行による、音楽の楽しみ方の変化とアーティストの意識の変化があります。

多くのリスナーは、自分好みの音楽を世界中から探すことが容易になりました。アーティストの立場で考えると、配信と同時に世界の隅々まで自身の音楽が届けられる状況の中、国内マーケットだけを視野にということは、もはや意味のないこと。

アジアの音楽の熱気を伝える新しい世代のバンドと、海外を目指す沖縄のバンドが共演して、沖縄とアジアの音楽を通した新たなリンクを創りだします。

<出演アーティスト>

DSPS(Taiwan / 台湾) スーパーカーに憧れて自作を書き始めた曾稔文(レンウェン)を中心に2014年結成された 台北発の人気ギターポップバンド。 最初に会ったのは2018年の”台南LUCfest”。以来、様々な場所でライブを聴いてきた。 沖縄でのライブは昨年夏以来、2度目。

An Honest Mistake(Malaysia / マレーシア) クアラルンプールのシーンをリードする人気実力派バンド。ポップスからハードコアまで幅広い音楽を凝縮した音楽を聴かせる。2019年2月、ボーカル・ギターのDarren Tehと出会い、11月、バンコクのクラブで、そのパフォーマンスを初めて見た。2月のTrans Asia Music MeetingにはSpeakerとして登壇した。バンドとしては初来日。

 

 

 

 

 

 

 

 


Drinking Boys & Girls Choir(South Korea / 韓国) 3ピースのスケーター・パンクバンド。エネルギッシュなライブは圧倒的! メンバーはHARAHELLSともお友達とのこと。今年2月、おとぼけビーバーとユーロツアーを 敢行。 2019年9月、ソウルの”Zandari Festa”でそのパフォーマンスにすっかり魅了された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tanayu(Indonesia / インドネシア) ユニークなボーカルと新たなエレクトロニカ・スタイルで魅了するジャカルタ出身のシン ガーソングライター。独特な世界観を持つ。2019年11月の”Bangkok Music City”で、同じジャカルタ出身のバンド、lightcraftに紹介してもらった。日本初公演。