【講座番号・4】沖縄歴史散策のための地図の読み方・探し方

講座詳細:【講座番号・4】沖縄歴史散策のための地図の読み方・探し方

1)第1回 古地図を読み解いてみる
  阿嘉宗教/首里那覇図を読む

1) 地図の読み方
a. 勘違いしやすい水域部分の見方 b. 様々なサイン

・ 樋川(ヒージャー) ・ 馬場
・ ヤチムン(登り窯) ・ 市場

c. 沖縄歴史街道(首里城への坂道) ・ 寺社
・ 泊から首里城までの道の断面図

2) ウシマチサガイの屠豚場 トトンバの豚を見つけるまで

3) マカンミチの逆立ち幽霊 墓が多いという話

2)第2回 地形から読み解いてみる (1) 流域地図

1) 自宅に降った雨は、どこへ流れていくのか 2) 開発許可の話
3) 安里川流域と安謝川流域
4) 浸水履歴とピロティ建築

(2) 微地形地図
1) 高精度地形図によって明らかになる旧跡や拝所 2) 写真スライドと一緒に地形を確認する

a. 波之上
b. 三重城・御物城
c. 辻御嶽
d. 潮之崎(現:三文殊公園) e. 七ツ墓
f. 夫婦岩
g. ナイクブ古墓群

3)第3回 情報技術を使って読み解いてみる

(1) オープンデータについて
(2) GPS測位で古地図を歩く

1) 紹介:時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」 2) 作例:Geopaparazziで作成したモバイル測位地図
3) 実例:失われた大嶺村跡地を見学する

(3) 普天間街道_目隠しマラソン
1) 首里桃原在住の女性が普天間宮の神様になるまで

2) 神様が駆け抜けたであろう道と高低差を調べてみる a. 難所:当山の石畳道(異名:馬転ばし坂)

b. 普天間街道

(4) 1800年頃の那覇の海岸線
1) 論文をベースに現在の地図にプロットしてみる 2) ジオリファレンスの話

(5) 特飲街マップbeta 街の成立と米軍基地の関係性

(3)ツール

1)データ
(1) 地理院地図 基盤地図情報
(2) e-STAT 政府統計の総合窓口
(3) 国土数値情報 ダウンロードサービス
(4) 国土交通省ハザードマップポータルサイト

那覇市防災マップ 浸水地域(過去被害) (5) 沖縄県地図情報システム
(6) 那覇市 都市計画情報提供システム
(7) 沖縄県立図書館 貴重資料デジタル書庫 (8) 那覇市歴史博物館 デジタルミュージアム (9) 沖縄県公文書館

2)編集等
(1) カシミール3D スーパー地形地図
(2) 時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」 (3) OPEN STREET MAP
(4) GOOGLE MAP
(5) QGIS
(6) MANDARA
(7) EXCEL
(8) GPSロガー

(4)参考資料/引用文献等

1)阿嘉宗教/首里那覇図(1868ー1879) 資料番号:1001999448

2)沖縄志 巻1
(1) 那覇港図
(2) 那覇及久米村図
(3) 資料番号:1002000600

3)嘉手納宗徳/那覇読史地図 資料番号:1003749106

4)薩摩藩調製琉球図 資料番号:1001999489

 5)旧那覇の歴史民族地図
 6)沖縄利水現況図
 7)微地形地図
 8)名嘉山光子/那覇付近の埋立てによる拡大