●●●●●

更新日:2009年06月04日

桜坂劇場問合せ:098-860-9555

ポスター

海は燃えている

2016年/イタリア/フランス/114分

監 督 :ジャンフランコ・ロージ

公式サイト>>

  • 本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート/第66回ベルリン国際映画祭金熊賞グランプリ


▲予告編



  • 3/18(土)
  • 14:40
  • 19:40
  • 3/19(日)
  • 10:00
  • 3/20(月)〜3/24(金)
  • 14:40
  • 19:40
  • 3/25(土)〜3/30(木)
  • 17:10
  • 3/31(金)
  • 14:40
  • 4/1(土)〜4/7(金)
  • 09:50
  • 4/8(土)〜4/14(金)
  • 16:30
  • 4/15(土)〜4/19(水)
  • 12:10

ベルリン国際映画祭 金熊賞受賞! 難民問題を静かに描く問題作

地中海に浮かぶイタリア最南端の島、ランペドゥーサ島。透明度の高い海は絶景としても知られている。少年サムエレをはじめとした島の住人は、日々穏やかな暮らしを紡いでいる。一方で、すぐ先にあるアフリカ大陸や中東からの難民が、この島を目指す。その数は人口の10倍近く。島の近海では海難事故も多い。住人の静かな日常と難民たちの悲劇的な生活は、なかなか交わらない。唯一、島の医師が二つの世界を結んでいる。少年サムエレは左目の弱視を矯正するべく、メガネをかけ始めるのだが、彼と同様にこの映画を通して、見えていなかった世界が見えてくるかもしれない。