●●●●●

更新日:2009年06月04日

桜坂劇場 問合せ:098-860-9555

ポスター

人生フルーツ

2016年/日本/91分

監 督 :伏原健之

出 演 :津端修一/津端英子

公式サイト>>



▲予告編



  • 3/18(土)
  • 10:10
  • 12:10
  • 3/19(日)
  • 12:10
  • 3/20(月)〜3/24(金)
  • 10:10
  • 12:10
  • 3/25(土)
  • 10:40
  • 12:40
  • 3/26(日)
  • 09:50
  • 3/27(月)〜3/30(木)
  • 10:40
  • 12:40
  • 3/31(金)
  • 10:30
  • 4/1(土)〜4/7(金)
  • 19:40
  • 4/8(土)〜4/19(水)
  • 10:20

風と、雑木林と、建築家夫婦の物語

自身が設計を任された戦後最大の都市計画ともいわれた名古屋近郊のベッドタウン「高蔵寺ニュータウン」その一角にある平屋で50年間暮らす90歳の夫・修一さん。 50年前、敷地内に植えた小さな苗木が、今では鬱蒼とした雑木林に成長し、年間を通じて約100種類もの野菜や果物が育っている。87歳の妻・英子さんは、外食はせず、コンビニで買い物はしない。畑で収穫した作物を使って、夫のために手料理を丁寧に作る日々を送る。 英子さんは言う、「食は命」と。 ふたりの暮らしぶりは、まるで現代の桃源郷のよう。 そんなふたりの暮らしを追った人生の物語。


「こつこつ、ゆっくり」

ナレーションは、樹木希林さん。70歳を超えても輝き続ける唯一無二の女優。自らの人生の終末についての発言も常に注目を集めている。この作品についても「渡された台本を下読みもせずに、ただ読んだだけ」と言っているが、その声がとても心に沁みる。