ハッピーエンド

作品情報
2017年/フランス・ドイツ・オーストリア/カラー/107分/フランス語・英語
スタッフ
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演
イザベル・ユペール/ジャン=ルイ・トランティニャン/マチュー・カソヴィッツ/ファンティーヌ・アルドゥアン/トビー・ジョーンズ
公式サイト
http://longride.jp/happyend/
第90回 アカデミー賞【外国語映画賞】オーストリア代表


(C)2017 LES FILMS DU LOSANGE – X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH – WEGA FILM – ARTE FRANCE CINEMA – FRANCE 3 CINEMA – WESTDEUTSCHER RUNDFUNK – BAYERISCHER RUNDFUNK – ARTE – ORF Tous droits reserves

85歳の祖父と13歳の孫娘。
二つの孤独な魂の会合が断絶した絆に血を通わせる。

フランスの港町カレーに住む裕福なロラン家は、瀟洒な邸宅に3世帯が暮らす。建築業を営んでいた家長のジョルジュは、85歳という⾼齢で引退。娘アンヌが家業を継いだ。専務職を務めるアンヌの息⼦ピエールはビジネスマンに徹しきれない。アンヌの弟トマは医師になり、再婚した若い妻アナイスとの間に幼い息子ポールがいる。
一家は、同じテーブルで⾷事をしても、それぞれの思いには無関⼼で、SNSやメールに個々の秘密や鬱憤を打ち込むだけ。
祖父ジョルジュは、意に添わぬ場⾯ではボケたふりで周囲を煙に巻きながら、疎遠だった13歳の孫娘エヴのこともちゃんとお⾒通し。幼い頃に⽗に捨てられ、愛に飢え、死に取り憑かれたエヴもまた醒めた⽬で世界を⾒つめている。秘密を抱えた⼆⼈の緊張感漲る対峙。ジョルジュの衝撃の告⽩は、エヴの閉ざされた扉をこじ開ける。



(C)2017 LES FILMS DU LOSANGE – X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH – WEGA FILM – ARTE FRANCE CINEMA – FRANCE 3 CINEMA – WESTDEUTSCHER RUNDFUNK – BAYERISCHER RUNDFUNK – ARTE – ORF Tous droits reserves

カンヌのパルムドールを2度射止めた巨匠の新作は、
前作『愛、アムール』の続編?!

『白いリボン』と『愛、アムール』で二度にわたって、カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールに輝いた名匠ミヒャエル・ハネケの最新作。『愛、アムール』では老境の夫婦ジョルジュとアンヌの愛と死に透明な視線を投げかけ、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。
本作『ハッピーエンド』では、フランスの移民問題を象徴する街カレーの瀟洒な邸宅に住まうロラン家を背景に、『愛、アムール』の続きともとれる、新たな愛と死を衝撃的に描く。


日付 上映開始時間
5/21(月)・5/22(火) 10:20
5/23(水) 10:00
5/24(木)・5/25(金) 10:20