エルミタージュ美術館 美を守る宮殿

作品情報
2014年/83分/カラー
スタッフ
監督:マージー・キンモンス
出演
ミハイル・ピオトロフスキー/レム・コールハース/アントニー・ゴームリー/トム・コンティ(声の出演)
公式サイト
http://www.finefilms.co.jp/hermitage/

世界的な至宝が所蔵された美術館の裏側。

パリのルーブル美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館と並び、世界三大美術館と呼ばれる、ロシア・サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館。1764年に設立されたその歴史は、エカテリーナ2世の317点の絵画コレクションから始まった。かつては宮殿であった美術館は、世界遺産(サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群)にも包括登録され、300万点を超える所蔵品は世界一と言われる。 ここには、十数点しか存在しないダ・ヴィンチの絵画のうち「リッタの聖母」「ブノワの聖母」が所蔵され、ミケランジェロの彫刻や、ラファエロの絵画など、ルネッサンス三大巨匠の作品なども多数収められている。 映画では、これまで公にされなかった女帝のコレクションなどの至宝を公開。ピオトロフスキー現館長がその歴史を語る。


美しき美術館の苦難の歴史。

エルミタージュ美術館の設立は1764年。三大美術館の中で最も古い。創立はエカテリーナ2世がベルリンの実業家から317点の絵画を取得した年とされている。第二次世界大戦でのレニングラード包囲戦の際には、多くの作品をウラル山脈に疎開させた。またスターリン政権下では、職員や館長が強制収用所に送られるなど、多くの困難を強いられた。現在の美術館は、そうした人々が支えてきた賜物と言える。


日付 上映開始時間
7/22(土)〜7/23(日) 12:20
7/24(月)〜7/28(金) 12:40
7/29(土)〜8/4(金) 10:10