雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

作品情報
2015年/アメリカ/101分/カラー/PG12
スタッフ
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
出演
ジェイク・ギレンホール/ナオミ・ワッツ/クリス・クーパー/ジュダ・ルイス
公式サイト
http://ame-hare-movie.jp/

突然の妻の死。どこかへ消え去った自分の心。 男は置き去りにした感情を取り戻すため、身の回りのあらゆるものを壊し始める。

『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』のジャン=マルク・ヴァレ監督最新作。 主人公のデイヴィスは、ウォースストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う味気ない日々を過ごす。そんないつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失ってしまう。しかし、一滴の涙もこぼれず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づく。 「僕の心はどこに行ってしまったんだ?」。 心の修理も車の修理も同じで、隅々まで点検して組み立てなおすという義父の言葉が引き金になり、デイヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊し始める。そうした中で、彼は妻が残したいくつものメモを見つけるのだが…。破壊を経てたどり着いた、人生で本当に大切なものとは?!


人生はつらく、暗いもの。 僕は美しさを表現したかった。

監督の、ジャン=マルク・ヴァレは話す。「僕は幸せを掴もうともがいている人に惹かれる。この映画は人生を再び始めるための、勇気のいる旅路が美しかったんだ」。そして、主人公が何もかもを破壊していくのは、「隠喩」だという。「彼は自分の世界を解体しているけど、本当は自分の心を解体したいんだ。何が起こっているのかを知りたいんだ」。「僕は幸せを表現したかったわけじゃない。人生はつらく、暗いものだ。僕は美しさを表現したかった」。


日付 上映開始時間
7/22(土)〜7/28(金) 10:10
7/29(土)〜8/4(金) 12:10