女は二度決断する

作品情報
2017年/ドイツ・フランス/カラー/106分/ドイツ語・ギリシャ語・英語/PG12
スタッフ
監督:ファティ・アキン
出演
ダイアン・クルーガー/デニス・モシット/ヌーマン・アチャル/ヨハネス・クリシュ/ウルリッヒ・トゥクール
公式サイト
http://www.bitters.co.jp/ketsudan/
第75回 ゴールデングローブ賞【外国語映画賞】受賞
第70回 カンヌ国際映画祭【主演女優賞(ダイアン・クルーガー)】受賞


©️2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions,
Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH

絶望の中、彼女がくだす決断とはー

ドイツ、ハンブルグ。トルコ移民のヌーリと結婚したカティヤは幸せな家庭を築いていたが、ある日、白昼に起きた爆発事件に巻き込まれ、ヌーリと息子のロッコが犠牲になってしまう。警察は当初、トルコ人同士の抗争を疑っていたが、やがて人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明。容疑者は逮捕され裁判が始まるが、なかなか思うような結果のでない裁判にカティヤの心の傷は深まってゆく。絶望の中、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤがくだす決断とはー。
ドイツ警察の戦後最大の失態と言われるネオナチによる連続テロ事件。もしも自分の家族に突然悲劇が起きたならば、そのときにどうするのか?これ以上ない悲しみを湛えて迎える衝撃的な結末は、すべての人の心を強く揺さぶる。



©️2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions,
Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH

ゴールデングローブ賞 外国語映画賞、カンヌ主演女優賞受賞!

主人公カティヤを演じたダイアン・クルーガーは、ハリウッド、ヨーロッパとワールドワイドに活躍する実力は女優。初めて母国語であるドイツ語で演じ、見事、第70回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を獲得した。世界がダイアン・クルーガーの演じた悲しみを共有したのだ。カンヌでの受賞後も各国の映画祭でダイアンの力強い演技が絶賛されている。


日付 上映開始時間
6/24(日)〜6/29(金) 15:40