Mr.Long/ミスター・ロン

公開予定日
2018年05月05日(土)
作品情報
2017年/日本・香港・台湾・ドイツ/カラー/129分/PG12/日本語・広東語・台湾語
スタッフ
監督:SABU
出演
チャン・チェン/青柳翔/イレブン・ヤオ/バイ・ルンイン
公式サイト
https://mr-long.jp/
【初日舞台挨拶開催決定!!】
ゲスト:SABU監督
日時:5/5(土) 12:30の回終了後(14:50頃)
※1. 当日「Mr. Long/ミスター・ロン」12:30の回にご来場のお客様、皆さまご参加いただけます。
※2. 桜坂劇場発行の招待券はご利用いただけません。

【SABU監督 プロフィール】
1964年11月18日生まれ。和歌山県出身。
『そろばんずく('86年)』(森田芳光監督)で俳優デビュー。
第13回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(『ワールド・アパートメント・ホラー('91年)』)。
監督作『弾丸ランナー('96年)』『天の茶助(2015年)』など。


©2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

牛肉麺の屋台で腕を振るう逃亡中の台湾マフィア。
そこに迫るヤクザの追っ手。

「天の茶助」のSABU監督の最新作は、日本で逃亡生活を送ることになってしまった台湾マフィアの青年が、逃げ延びた町の人々との交流を通して徐々に人間らしさを取り戻していく姿を描く。
ナイフの達人・殺し屋ロンは、東京、六本木にいる台湾マフィアを殺す仕事を請け負うが失敗し、北関東のとある田舎町へと逃れる。日本語がまったくわからない中、少年ジュンやその母で台湾人のリリーと出会い、世話好きの住民の人情に触れるうちに、牛肉麺(ニュウロウミェン)の屋台で腕を振るうことになる。
屋台は思いがけず行列店となるが、やがてそこにヤクザの手が迫ってくる。
主演は楊徳昌(エドワード・ヤン)監督の『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』の主役で、『レッドクリフ』『グランド・マスター』などで知られる台湾の実力派俳優チャン・チェンが務める。


日付 上映開始時間
5/5(土) 12:30 / 15:50
5/6(日)〜5/11(金) 12:30 / 17:30
5/12(土)・5/13(日) 19:00
5/14(月)〜5/18(金) 20:40
5/19(土) 21:10
5/20(日) 21:30
5/21(月)〜5/25(金) 21:00