告白小説、その結末

作品情報
2017年/フランス・ベルギー・ポーランド/カラー/100分/フランス語
スタッフ
監督:ロマン・ポランスキー
出演
エマニュエル・セニエ/エヴァ・グリーン/ヴァンサン・ペレーズ
公式サイト
https://kokuhaku-shosetsu.jp/

「戦場のピアニスト」ロマン・ポランスキー監督最新作。
スランプに陥った売れっ子女性作家に近づく熱狂的ファンの女。
二人がたどる予測不能の運命をスリリングに映し出す戦慄のミステリー。

個人的に新作が公開されると必ず見たい監督の一人、ロマン・ポランスキー。新作は、女性ベストセラー作家デルフィーヌと、彼女に近づく謎に満ちた女性エルの危うくスリリングな戦慄のミステリー。ユアン・マクレガー主演の「ゴーストライター」(2010)では、元イギリス首相の自伝小説の執筆を依頼されたゴーストライターが、政界を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれるという物語だった。今回の作品も一人の書き手を巡って、先の読めないスリリングな展開が繰り広げられる。
スランプに陥った作家デルフィーヌの前に、ある日、熱狂的ファンを自称する聡明で美しい女性エルが現れる。差出人不明の脅迫状にも苦しめられるデルフィーヌは、献身的で、本音で語り合えるエルに信頼を寄せ、二人は共同生活を始める。しかし、時折ヒステリックに豹変するエルは、不可解な言動でデルフィーヌを翻弄する。やがてエルの身の上話に衝撃を受けたデルフィーヌは、彼女の壮絶な人生を小説にしようと決意。しかしその先には想像できない悪夢のような“結末”が待ち受けていた。
熱狂的なファン、優秀なゴーストライター、ヒステリックな一心同体の親友、理想的な小説のモデル…。はたしてエルは何者なのか? そして、その狙いとは?


人間の心の深淵をなぞらえるような意味ありげな描写の数々、ヒステリックな登場人物の振る舞いは、昨今のスキャンダルにまみれのポランスキー自身の一面を映し出しているように感じられる。しかし凡人の理解を超えた物語をきっちりとエンターテインメントに仕上げてくるその腕は改めて流石。(の)

©2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinéma, Monolith Films. All Rights Reserved.


日付 上映開始時間
8/18(土)〜8/24(金) 10:00