志乃ちゃんは自分の名前が言えない

作品情報
2017年/日本/カラー/110分
スタッフ
監督:湯浅弘章
出演
南沙良/蒔田彩珠/萩原利久/小柳まいか/池田朱那/柿本朱里/中田美優/蒼波純/渡辺哲/山田キヌヲ/奥貫薫
公式サイト
http://www.bitters.co.jp/shinochan/

言葉がうまく話せない志乃、音痴な加代。
不器用な二人の女子高生の傷だらけで眩しい日々。

人気漫画家・押見修造が、自身の実体験をもとに描いた代表作の映画化。
主人公の志乃は、難発の吃音で、特に母音からの発音が苦手。高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まる志乃は、自己紹介で名前すら上手く言えず、笑い者に。ひとりぼっちの高校生活を送る彼女は、ある日同級生の加代と友達になる。ギターが生きがいなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。コンプレックスから目を背け、人との関わりを避けてきた志乃と加代は、文化祭に向けた猛練習に励む。互いに手を取り小さな一歩を踏み出すのだが。 思春期の葛藤を描いた本作について、“誰にでも当てはまる物語になれば”という原作者・押見自身の想いから、作品内では意図的に〈吃音〉という言葉は一切使われず、傷つきながらも自らと向き合い前に進もうとする登場人物の姿が描かれる。 人生の一時期、誰もが抱く苦悩や葛藤。戻れないからこそ現在を照らしてくれる、つたなくて、いとおしい日々。胸を打つラストに涙溢れる、傷だらけでまぶしい青春映画の傑作が誕生した!


実力派若手女優の競演を 90年代のJロックが彩る。

世代を担う同年齢の実力派女優がW主演を務める。志乃を演じるのは、現役モデルで
『幼な子われらに生まれ』などで女優としても注目を集める南沙良。加代役は『三度目
の殺人』やドラマ「anone」などでの高い演技力で評判の蒔田彩珠。 また、物語の舞台
となる90年代の音楽シーンをリードした、ザ・ブルーハーツ、ミッシェル・ガン・エレファン
トなどの楽曲が物語をエモーショナルに彩る。

日付 上映開始時間
8/19(日)〜8/24(金) 14:50 / 17:30
8/25(土)〜8/31(金) 13:10 / 16:50
9/1(土) 12:00
9/2(日) 16:00
9/3(月)〜9/7(金) 12:10
9/8(土)〜9/14(金) 17:20
9/15(土) 10:00
9/16(日) 10:20
9/17(月)〜9/21(金) 10:00