世界が愛した料理人

公開予定日
2018年11月24日(土)
作品情報
2016年/スペイン/カラー/75分/スペイン語・日本語・英語・フランス語
スタッフ
監督:アンヘル・パラ/ホセ・アントニオ・ブランコ
出演
エネコ・アチャ/小野二郎/マルティン・ベラサテギ/カルメ・ルスカイェーダ/ジョエル・ロブション/石田廣義/石田登美子/山本征治
公式サイト
http://sekai-ryori.com/

世界の最高峰の「職人」たちがつくる料理──
その真髄が語られる!

スペイン、フランス、日本の3つ星料理人たちが目指す“究極の料理”をめぐるドキュメンタリー。バスクの若き料理人エネコ・アチャが、最高峰の寿司職人・小野二郎を訪ねる。彼は東京でどんな料理に出会うのだろうか…。


映画に登場するのは、エレガントなお寿司や日本料理の数々。わたしもお寿司は大好きで、とりわけ郷土では馴染み深い浜焼きの鯖をつかった焼き鯖寿司が好物だ。棒寿司だと一本3000円程度で庶民には十分上等品。じっくり焼かれた鯖の身は旨味がぎゅっと詰まっており、ゴマをふった酢飯との間には生姜や青紫蘇を挟む。十分味はついているが、ついお寿司の半分には醤油をかけてしまい、それも美味。あぁ、思い出しては唾液で口が潤ってしまう。人間は、基本的にイメージでものを食べるのだと聞いたことがある。わたしの脳内は普段焼き鯖寿司に満ちているのに、映画をみれば、「すきやばし二郎」のお寿司を一度でいいから食べたくなるに決まっている。なるほど、人間の食欲とは目の前のものに没頭しイメージを変貌させ、常にふしだらであるということか。(星)

© Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.


日付 上映開始時間
11/24(土)・11/25(日) 10:10
11/26(月)〜11/30(金) 12:20
12/1(土)〜 調整中です