ドキュメンタリー映画「岡本太郎の沖縄」

公開予定日
2018年12月20日(木)
作品情報
2018年/日本/カラー/121分
スタッフ
監督:葛山喜久
出演
語り:井浦新
公式サイト
http://okamoto-taro.okinawa/

「沖縄の中にこそ、失われた日本がある」
「沖縄で、私は自分自身を再発見した」―岡本太郎

岡本太郎(1911-1996)は1959年と1966年の2度沖縄に旅をしている。それは名著「沖縄文化論~忘れられた日本」に綴られ、太郎が撮影した数百枚にも及ぶ見事な写真は「岡本太郎の沖縄」で遺されている。岡本太郎が日本人としてのアイデンティティを探し求める旅のいちばん最後にぶつかったのが、「沖縄」だった。「沖縄とは、私にとって一つの恋のようなものだった」という。
それほどまでに岡本太郎が全身全霊をぶつけて、自分自身が溶け込んでいった「沖縄」とはいったい何だったのか?約60年前の太郎が捉えた素顔のままの沖縄…。
もう一度、太郎と同じ沖縄を彷徨い歩いて「太郎の沖縄」を見つめる旅に出る。岡本太郎が見た沖縄は、今の私たちに何を投げかけ、今の私たちとどうつながるのか?或いは、つながらないのか?それを確かめにゆくドキュメンタリー映画である。



沖縄市民小劇場 あしびなー(沖縄市中央 2-28-1 旧コリンザ3F Tel.098-934-8487)での上映になります。

日付 上映開始時間
12/20(木)・12/21(金) 13:40 / 19:00