22年目の記憶

公開予定日
2019年02月16日(土)
作品情報
2014年/韓国/カラー/128分/韓国語
スタッフ
監督:イ・ヘジュン
出演
ソル・ギョング/パク・ヘイル/ユン・ジェムン/イ・ビョンジュン/リュ・ヘヨン
公式サイト
http://www.finefilms.co.jp/22nenme/

それは世界で最も哀しい悪役

自分が頑張ってきたことが認められたことの嬉しさは、誰しも体感したことがあるだろう。他人から褒められることの嬉しさは何事にも代えがたい。ただ、これらは他人からの評価である。そればかりを追い求めると、自分の良さやアイデンティティーを殺してまで他人から認められようとしかねない。もちろん、歯止めをかけて自分が活きるギリギリで妥協することの方が多いだろう。しかし、自分の人生がかかっていたらどうだろうか。ましてや国家プロジェクトの大役に抜擢されたら…。この映画は、まさしく人生がかかっている「大役」に抜擢された売れない俳優と、その家族の物語である。


1972年に南北共同声明が発表され、その後の南北首脳会談に備えてリハーサルが行われるのだが、そのリハーサルで北朝鮮の最高指導者、金日成(キム・イルソン)役に抜擢されたのが、売れない俳優、ソングンである。いままで日の目を見てこなかった彼が認められ、選ばれたということは、彼にとってどれほど嬉しかったことだろうか。それに加え、完璧な金日成になるという大きな使命を与えられた彼は、意気込み、訓練をこなし、完全に金日成になりきった。それは息子すら別人だと感じるほどにだ。しかし、その南北首脳会談が実現することはなかった(金日成死去のため)。それから22年、年老いて自らのことを金日成だと信じ込んでいるソングンと、彼に振り回される息子だが、ソングンが時折見せる父としての表情に心揺さぶられる。金日成として生きる22年間で、彼の閉ざされてきた思いが22年分あるのだと思う。(WD)

© 2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.


日付 上映開始時間
2/16(土)〜2/22(金) 09:30 / 14:00
2/23(土) 12:20
2/24(日)〜3/1(金) 14:00
3/2(土)〜 調整中です