【沖縄市あしびなー上映】風をつかまえた少年

困難な状況を救うのは知恵と、、自転車!?

アフリカの最貧国のひとつマラウイ。当時、人口の2%しか電力を使うことのできないその地で、風力発電をつくり出し村を救った14歳の少年の実話に基づく物語。『それでも夜は明ける』主演のキウェテル・イジョフォーが初監督を務めている。
2001年、マラウイは大干ばつに見舞われ、壮絶な飢餓状態に陥っていた。そんななか、好奇心と知識欲が旺盛な少年ウィリアムは、自転車をまわすと灯るランプをみて、自転車をつかった発電のことを知る。彼はお金がなく退学になった学校の図書館に忍び込んで本を読みあさり、風力発電を自分でもつくることはできないか考え始めた。飢えに苦しみ、ウィリアムの発想を理解できない父親の激しい反対あいながらも、周囲の理解を得ようと健気に、時にはしたたかに説得を試み、自らのアイデアを信じ実現しようとする。その姿は物や環境に恵まれた私たちに、自分のやりたいことを成し遂げる為に必要な自信と行動力、そして「学ぶ」ことの大切さを教えてくれる。久々に図書館に行きたくなりました。(nn)


© 2018 BOY WHO LTD / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE / PARTICIPANT MEDIA, LLC