彼らは生きていた

公開予定日
2020年02月29日(土)
作品情報
2018年 / イギリス=ニュージーランド / 99分 / R15+
スタッフ
監督:ピーター・ジャクソン
公式サイト
http://kareraha.com/

100年前の兵士たちの青春と地獄を鮮やかに復元した奇跡のドキュメンタリー

過去の記録映像が“生気”を取り戻す

これまで白黒の世界でしかわたしたちが知り得なかった第一次世界大戦。1914年のイギリス。冒険心や愛国心にかられ、戦地に赴いた若すぎる兵士たちひとりひとりの顔、表情、目の色、頰の赤み、全てがいま、鮮やかに色づきはじめる。

奇跡のドキュメンタリーを生み出したのは、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督。イギリス政府が保存していた大量の記録映像を修復、カラーリング、3D化し、音は退役軍人のインタビューをもとにつなぎ合わされ、まるで現代において撮影された映画のようにつくり直されている。読唇術や映像にあわせた音の作成も行い、徹底して、戦場にいる兵士の存在を強く生々しく感じるためのリアリティーが追求された。映像がもとはサイレントであったことなど忘却の彼方。2,200時間を超える記録映像、撮られているのはイギリス・フランス軍とドイツ軍との壮絶な塹壕戦があった西部戦線。目撃するのは紛れもない戦場の真実である……。

「戦争や戦略の映画ではない 兵士たちの映画だ」(←中見出し)

映画はある起点より映像がカラーに変化していくのだが、その瞬間、鮮明に浮かび上がったのは兵士たちの不安の表情だ。殺伐とした空気、これから自分はどうなってしまうのかと恐怖が押し寄せているのがわかる。対照的に、緊迫した戦線から宿舎に戻り、身を清めたり、ふざけあったり、遊びに興じる兵士たちの安堵の表情が愛しい。「なんでもないことがおかしかった」と、くだらないことを心から笑い合う兵士たち。戦争のなかでとても幼き日々を生きていた、彼らの眼差しが、きっとあなたに届く。(ホシ)


© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved


日付 上映開始時間
2/29(土)~3/6(金) 14:40
3/7(土)~3/13(金) 10:10
3/14(土)~3/18(水) 17:00
3/19(木) 14:40
3/20(金) 17:00
3/21(土)~3/27(金) 17:10