人生をしまう時間(とき)

作品情報
2019年 /日本 / 110分
スタッフ
監督:下村幸子
出演
小堀鷗一郎、堀越洋一
公式サイト
https://jinsei-toki.jp/

大きな反響をよんだNHK BS1スペシャルドキュメンタリーの映画化
在宅医療に従事する医師と患者たちの温かい交流をみつめる

超高齢化が進む日本。近年、家族に看取られ、穏やかに亡くなっていくことを目指す「在宅死」への関心が高まっている。しかし、家族との関係や経済力など事情はそれぞれ。「理想の最期」の前に、厳しい現実が立ちはだかることもある。都会の片隅で、「在宅死」と向き合うベテラン医師・小堀鷗一郎医師、80歳。森鷗外の孫で、東大病院の名外科医だった彼がたどりついた最後の現場が、在宅の終末期医療だった。患者と家族とともに様々な難問に向き合い、奔走する医師や看護師、ケアマネージャーたち。一人ひとりの人生の終わりに、医療に何ができるのか。地域の在宅医療に携わる人々の活動に密着し、命の現場を記録した。今この瞬間も、名もなき人々の奉仕によって誰かが支えられているのだ。人生の最期を迎える人々に寄り添うという仕事に従事する、すべての医療関係者へ改めて敬意の念を感じずにはいられなかった。(U)


©️NHK


日付 上映開始時間
3/21(土)~3/27(金) 14:50
3/28(土)~4/3(金) 17:10