ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020 死亡遊戯

公開予定日
2020年08月09日(日)
作品情報
1978年/100分/香港/日本初公開英語版
スタッフ
監督:ロバート・クローズ
出演
ブルース・リー
公式サイト
http://brucelee4k.com

未完の遺作

伝説のアクションスター、ブルース・リーの遺作となったカンフーアクション。世界的アクションスターのビリーは、ドクター・ランド率いる国際的犯罪シンジケートから終身契約を迫られる。脅迫にも屈せず頑なに契約を拒否するビリーに業を煮やしたランドは、ついにビリーの暗殺を命じるが……。リーの監督・主演で1972年に撮影開始されたが、ハリウッドとの合作「燃えよドラゴン」撮影のために中断され、リーの急死により未完となった。その後、「燃えよドラゴン」のロバート・クローズ監督らによって追加撮影が行われ、1978年に公開された。この度、ブルース・リーの怪鳥音入りの日本初公開時英語版でリバイバル上映。

—————————————

世界は今も、彼を中心に回っている。

と言わしめる、映画史上最高のアクション・スターにして伝説の武道家ブルース・リー。彼の生誕80周年を記念した上映企画「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」を、桜坂劇場でも開催します。

上映作品は、ブルース・リー神話の原点となった4作品をスペシャルバージョンでお届け。

『ドラゴン危機一髪』 日本初公開時復元英語版(マイク・レメディオスの主題歌入り)

『ドラゴン怒りの鉄拳』5.1ch英語版(マイク・レメディオスの主題歌入り)

『ドラゴンへの道』日本初公開時英語版(マイク・レメディオスの主題歌入り)

『死亡遊戯』日本初公開時英語版(ブルース・リーの怪鳥音入り)

 

ジャッキー・チェン、サモハン・キン・ポー、ユン・ピョウ、ジェット・リー、ドニー・イェン…

ブルース・リーの活躍がなければ現在のスターたちの輝かしい地位もあったかどうだかわかりません。ワイヤー抜きで、観客が大興奮できるアクションを生んだ天才の姿を美しい映像と音でご確認ください。


日付 上映開始時間
8/9(日) 14:30
8/10(月) 19:10
8/11(火) 休映
8/12(水) 14:50
8/13(木) 17:00
8/14(金) 19:10