米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー

作品情報
2017年/日本/107分
スタッフ
監督:佐古忠彦
出演
瀬長亀次郎 語り:山根基世/大杉漣
公式サイト
http://www.kamejiro.ayapro.ne.jp/
【大ヒット御礼!舞台挨拶開催!】
『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
佐古忠彦監督と内村千尋さん(カメジローの次女)のお二人による舞台挨拶を急遽開催致します。

まだご覧になっていない方は、ぜひこの機会に!

日程:12/15(金)
時間:14:50の回上映後、舞台挨拶開催。
*この回の上映をご覧のみなさんはそのままご参加いただけます。
問合せ:桜坂劇場098-860-9555

占領下の沖縄で米軍の圧政と戦った男・瀬長亀次郎。
その熱き生き様。

第二次世界大戦後、米軍統治下の沖縄で、瀬長亀次郎(カメジロー)は弾圧を恐れることなく、「不屈」の精神で米軍に”NO”と叫び続けた。本作は、その激しい生き様を、関係者の証言や貴重な映像によって浮かび上がらせたドキュメンタリーである。 カメジローは、沖縄の多くの民衆に支えられた。演説会には毎回何万人もの人が集まり、 人々を熱狂させた。米軍はその存在を恐れ、様々な策略を巡らせたものの、カメジローは、 那覇市長、国会議員と政治家としてポジションを変えながら闘い続けた。 沖縄返還45年、日本国憲法施行70年、瀬長亀次郎誕生110年。 カメジローの生き様を知れば、沖縄の戦後史が見えてくるはずだ。


貴重な未公開映像やインタビューに再び光が。

メガホンをとったのは、「筑紫哲也NEWS23」でキャスターを務め、本作が初監督となる佐古忠彦。 JNNに保管されていた貴重な未公開映像やインタビュー、アメリカ取材を交えて、カメジローの生き様を描き切った。テーマ曲「Sacco」は坂本龍一による書き下ろし。 また語りで、名バイプレイヤーの大杉漣が参加している。


日付 上映開始時間
12/11(月)・12/12(火) 14:50
12/13(水) 19:30
12/14(木)・12/15(金) 14:50
12/16(土)・12/17(日) 休映
12/18(月)・12/19(火) 14:20
12/20(水) 14:00
12/21(木)・12/22(金) 14:20
12/23(土) 14:40
12/24(日) 14:50
12/25(月) 14:40
12/26(火)〜12/29(金) 15:10
12/30(土)・12/31(日) 12:40
1/1(月) 13:00
1/2(火) 12:10
1/3(水) 11:50
1/4(木)・1/5(金) 12:10