ガチバーン映画祭りvol.22「 フェリーニとヴィスコンティ」

公開予定日
2017年11月19日(日)
料金
1作品のみ 前売券:1,000円/当日券:1,300円
2作品通し券 前売券:2,000円/当日券:2,300円
大学生以下 1作品500円(※学生証要提示)
プレイガイド:桜坂劇場窓口、ローソンチケット、ファミリーマート
公式サイト
https://ja-jp.facebook.com/OkinawaManiacFilms/
ガチで観たら脳みそ覚醒してバーンってなる作品を集めた映画祭り。
桜坂劇場で毎月、普段は劇場では見られないレアな作品を上映していく映画まつりです。
イタリアの名匠2人が描く、満たされることのない男の恋心の両極を銀幕で御堪能ください。
vol.22 「フェリーニとヴィスコンティ」

『白夜』
1956年/イタリア/102分/モノクロ/字幕
監督:ルキーノ・ヴィスコンティ
出演:マルチェロ・マストロヤンニ、マリア・シェル

ドストエフスキー原作の悲恋を、イタリアの港町を舞台にヴィスコンティが切なく描く。
港町の夜。孤独なマリオは橋の上で泣く若い女性ナタリアと出会い翌晩も会う約束をする。
恋心を寄せるマリオにナタリアは恋人を待っていると語る。
1年で戻ると言って町を出た恋人が、未だに戻らないのだ。
マリオはナタリアに男を諦めさせようとするが…。
「美女と野獣(1946)」で日本でも人気が高かったジャン・マレーが恋人役。

 

『カサノバ』
1976年/イタリア/154分/カラー/字幕
監督:フェデリコ・フェリーニ
出演:ドナルド・サザーランド、ティナ・オーモン

映像の魔術師フェリーニが魅せる、永遠に彷徨う”男”の悲哀
18世紀のイタリアに実在したジャコモ・カサノバの波乱に満ちた人生を、フェデリコ・フェリーニ監督が壮大なスケールで描いた人間ドラマ。
18世紀のヴェネチア。カーニバルで知り合った尼僧との密会を果たしたカサノバだが、その結果異端の容疑で鉛屋根の牢獄に入れられる…。


タイトル 日付 上映開始時間
白夜 11/19(日) 1日限り 14:00
カサノバ 11/19(日) 1日限り 15:55