海辺の生と死

作品情報
2017年/日本/カラー/155分
スタッフ
監督:越川道夫
出演
出演:満島ひかり/永山絢斗/井之脇海/川瀬陽太/津嘉山正種
公式サイト
http://www.umibenoseitoshi.net/

戦争という生と死に直面する中、

女はただどこまでも一緒にいたいと願った。

第2次世界大戦の末期、奄美群島の加計呂麻島(かけろまじま)という島で生まれ育ったトエは国民学校教員として働いていた。 新しく海軍特攻艇の隊長として赴任してきた朔が、兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことからトエと知り合う。 島の子供たちからも慕われる朔にトエは惹かれ、加計呂麻島の島唄に興味を持つ少し風変わりで軍人らしくない朔を日に日に深く想うようになります。 元文学少年であった朔も戦争で突然特攻戦隊隊長に任命され、精神的にも肉体的にも苦しんでいたが、トエといることによって癒されていく。 互いに好意を抱き合い逢瀬を重ねるようになるが敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた…。

 

島尾敏雄の小説『島の果て』と妻・島尾ミホによる小説『海辺の生と死』の2つの作品を原作に映画化した。舞台となったのは奄美大島のさらに南にある加計呂麻島という島。人口1600人ほどの島は、豊かな緑と美しい海の他、いくつかの集落があり、琉球王国から任命されたノロ神が祭りを行った建物が残るなど、古い時代の奄美の文化が今でも残る。


日付 上映開始時間
9/17(日)〜9/21(木) 12:50 / 18:20
9/22(金) 12:10
9/23(土) 10:30 / 20:50
9/24(日) 11:30
9/25(月)〜9/29(金) 10:30 / 21:20
9/30(土) 10:00
10/1(日)〜10/6(金) 20:10
10/7(土) 10:20
10/8(日) 21:20
10/9(月)〜10/13(金) 10:20
10/14(土)〜10/20(金) 10:00