ギフト 僕がきみに残せるもの

作品情報
2016年/アメリカ/カラー/111分/英語
スタッフ
監督:クレイ・トゥイール
出演
スティーヴ・グリーソン/ミシェル・バリスコ/ポール・バリスコ/エディ・ベダー/スコット・フジタ
公式サイト
http://transformer.co.jp/m/gift/
SXSW映画祭 【観客賞】受賞
放送映画批評家協会賞 【最優秀ドキュメンタリー賞】受賞
シアトル国際映画祭 【最優秀ドキュメンタリー賞】受賞
フェニックス映画批評家協会賞 【最優秀ドキュメンタリー賞】受賞
ノーステキサス映画批評家協会賞 【最優秀ドキュメンタリー賞】受賞


© 2016 Dear Rivers, LLC

難病ALSを宣告された元アメリカン・フットボールのスター選手。
やがて生まれてくる息子のために彼がはじめたこと。

アメリカン・フットボールの最高峰NFL、ニューオーリンズ・セインツで活躍したスティーヴ・グリーソン。彼は特別なヒーローとして多くのファンに愛されていた。現役を終えた彼は、ある日病院でALS(筋萎縮性側索硬化症)の宣告を受ける。同じ頃、妻ミシェルの妊娠がわかった。初めて授かった子供と、生きている間に会うことができるのか。生まれ来る子のために何が残せるのか。グリーソンはまだ見ぬ子供に贈るため、ビデオダイアリーを撮ることを心に決める。グリーソンが経験する旅、デートの仕方、残せるものすべてを我が子に残したかった。同時に自身の父親との関係も修復しようとした。本作は難病ドキュメンタリーではなく、誰もが共感できる父と子、そして家族の物語である。


全米が感動!パール・ジャムのエディ・ベダーも出演!

監督のクレイ・トゥイールは、約1,500時間のビデオダイアリーから傑作を誕生させた。本作は全米で30近い賞を受賞&ノミネート、全米映画批評No.1サイト「ロッテントマト」で驚異的なハイスコア97%を記録した。グリーソンを支援するミュージシャン、エディ・ベダー(パール・ジャム)は楽曲提供だけでなく出演しているのも見所だ。


日付 上映開始時間
11/18(土) 15:10
11/19(日) 12:30
11/20(月)・11/21(火) 12:30 / 21:50
11/22(水) 21:50
11/23(木) 12:30 / 21:50
11/24(金) 21:50
11/25(土) 16:50
11/26(日)〜12/1(金) 12:20