ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

作品情報
2016年/チェコ・イギリス・フランス合作/カラー/120分/英語・チェコ語・ドイツ語/PG12
スタッフ
監督:ショーン・エリス
出演
キリアン・マーフィ/ジェイミー・ドーナン/ハリー・ロイド/シャルロット・ルボン/アンナ・ガイスレロヴァー
公式サイト
http://shoot-heydrich.com/
2017年度 チェコ・アカデミー賞 14部門ノミネート


© 2016 Project Anth LLC All Rights Reserved.

7人vs700人。
追い迫る恐怖政治・全体主義・ナチス。
逃げ場のない状況を生きた人間の戦いと、予期せぬ悲劇の物語。

ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第3の男ラインハルト・ハイドリヒの暗殺を、史実を基に描いたサスペンス。第二次世界大戦直下、ヒトラーの後継者と呼ばれたナチス高官のハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。彼の暗殺計画を企てたイギリス政府とチェコスロバキア亡命政府は、ヨゼフ、ヤンら7人の暗殺部隊をパラシュートによってチェコ領内に送り込む。プラハの反ナチス組織や家族との接触など計画は進み、不可能に思われた暗殺のミッションは成功。しかし、ハイドリヒへの襲撃に憤慨したナチスは、常軌を逸した報復を展開していき…。ヨゼフ役は『インセプション(’10)』のキリアン・マーフィ。


あの時から、問題は何も変わっていないのかもしれない。
歴史の中に今日のわたしの影をみる。

監督・脚本は『フローズン・タイム(’06)』のショーン・エリス。2001年にエンスラポイド作戦のドキュメンタリーを見たのがきっかけでこの事件を知り、以降、膨大な歴史的資料を調べあげ、本作のための準備に15年もの年月を費やし製作した。過激な戦闘シーンに頼らず、戦争の中の人間、「個人」の物語に焦点をあてた傑作。


日付 上映開始時間
11/11(土)〜11/13(月) 12:30 / 16:30
11/14(火) 16:50
11/15(水)・11/16(木) 12:30 / 16:30
11/17(金) 16:50
11/18(土) 12:50
11/19(日) 16:00
11/20(月)・11/21(火) 12:50 / 16:00
11/22(水) 12:50
11/23(木) 12:50 / 16:00
11/24(金) 12:50
11/25(土) 19:00
11/26(日)〜12/1(金) 10:20
12/2(土)〜12/8(金) 10:10