50年後のボクたちは

公開予定日
2017年10月28日(土)
作品情報
2016年/ドイツ/カラー/93分/PG12
スタッフ
監督:ファティ・アキン
出演
出演:トリスタン・ゲーベル/アナンド・バトビレグ・チョローンバータル/メルセデス・ミュラー/アニャ・シュナイダー/ウーベ・ボーム
公式サイト
http://www.bitters.co.jp/50nengo/
2017年 ヨーロピアン・フィルム・アカデミー 【ヤング観客賞】受賞
2017年 バイエルン映画賞 【ヤング映画賞】受賞

子供でも大人でもいられない14歳。一生忘れられない夏の旅。

“『スタンド・バイ・ミー』の世界が甦る”と称される、名匠ファティ・アキン監督(『愛より強く』『ソウルキッチン』)最新作。
14歳のマイクは同級生から変人扱いされている冴えない中学生。片思いの同級生タチアナには、臆病で話しかけることすらできない。母親はアル中で、父親は若い恋人と浮気、退屈な毎日に息苦しさを感じていた。そんなある日、クラスにロシアから転校生がやって来る。チックという少し風変わりな彼は目つきが悪く、変な髪型で二日酔い。その奇妙な噂はたちまち学校中に広まった。そして始まったマイクの夏休み。母親はアル中で病院に入院。父親は200ユーロを置いて愛人と旅行。残されたマイクはチックに誘われ、盗んだ車で地図にない場所“ワラキア”を目指す。2人はひたすら南へと走り出すが、考えなしの旅はトラブル続き。危険な目に遭いながらも、どこまでも走り続けられると思っていた…。



映画の原作は、2013年に48歳で早世したドイツの作家ヴォルフガング・ヘルンドルフによる児童小説「Tschick」(邦題「14歳、ぼくらの疾走:チックとマイク」)出版されてから一年後にはドイツ座で舞台版が上演された。瞬く間に注目を浴び、そのシーズンの最多上演作品となった。世界中で愛されているこの作品は日本でも舞台「チック」が2017年夏に上演された。


日付 上映開始時間
10/28(土) 12:10 / 16:00
10/29(日)〜11/2(木) 11:50 / 15:40 / 21:40
11/3(金) 12:20 / 16:40 / 22:00
11/4(土)〜11/10(金) 14:30 / 21:10
11/11(土)〜11/13(月) 12:10
11/14(火) 12:50
11/15(水)・11/16(木) 12:10
11/17(金) 12:50
11/18(土) 11:20
11/19(日)〜11/21(火) 11:50
11/22(水) 12:10
11/23(木) 11:50
11/24(金) 12:10
11/25(土) 09:30
11/26(日)〜12/1(金) 21:30