【Peter Barakan’s Music Film Festival 2022】『アメリカン・エピック3多民族音楽国家アメリカ』

作品情報
2017年/アメリカ/88分
スタッフ
監督:バーナード・マクマホン
公式サイト
http://pbmff.jp/

『アメリカン・エピック』
エピソード3 多民族音楽国家アメリカ

電気による録音が可能になった1925年、アメリカ各地の住民を視野に入れた
レコードが作られるようになった。エピソード1~3では、フォーク、カントリー、
ブルーズ、ジャグ・バンド、ゴスペル、ケイジャン、ネイティヴ・アメリカン、
ハワイアン、ラテンの世界を掘り下げ、エピソード4では現役世代のミュージシャンたちが20年代の機材で当時の曲を再現する姿を記録する。日本初公開。

(C)2017 Lo-Max Records Ltd.

 

【Peter Barakan’s Music Film Festival 2022】
ブロードキャスター、ピーター・バラカンが監修する音楽映画祭を沖縄初開催!
日本初公開の7作品6プログラムを一挙上映する。

ピーター・バラカン Peter Barakan
1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、来日。
現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、
「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)など多数のラジオ番組を担当。
著書に「Taking Stock どうしても手放せない21世紀の愛聴盤」(駒草出版)など。


※9/29(木)のミュージックタウンシネマは、メンテナンスのため休映となります
9/30(金)からは通常上映の予定です。
ご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。



ミュージックタウン音市場(沖縄市上地1丁目1-1 Tel. 098-932-1949)での上映になります。

上映スケジュール

9/26(月)15:00
9/27(火)・28(水)休映
9/29(木)休映
9/30(水)~10/2(日)休映
10/3(月)16:45
10/4(火)・5(水)休映
10/6(木)17:15
10/7(金)休映